JMAGユーザー会2016 
学生向けJMAGオリエンテーション

JMAGユーザー会中、学生の皆様向けにオリエンテーションを開催いたします。
電磁界解析技術が実際の商品に応用されている様子や、企業の技術者の方々と直に接する機会をご提供いたします。奮ってご参加ください。

※学生オリエンテーションに参加する学生の皆様へ 山田の雑日記をご覧ください。

学生および若手向けセミナー
~ミラー教授による電気機器設計における最も大切な考え方~

学生、若手の方々に向けて、モータ設計の第一人者・Prof. Millerによる75分間の講義を行います。

 ※Miller教授へ本レクチャーを依頼するまでの経緯は山田の雑日記をご覧ください。

講演

JMAGユーザー会期間中、お好きな講演をご聴講いただけます。
各界の第一線でご活躍中の学識者、技術者の皆様をお招きし、最新のトピックスやCAE活用などに関するご講演ならびに、JMAGを使用した事例発表を多数予定しております。

技術ディスカッション(ポスター/パネル)

全9テーマに分類されたポスターを見ながら、JMAG開発者やエンジニアとディスカッションを行うことができます。
現在のJMAGの取り組みから、未来のJMAGの姿まで、皆様のご意見をお聞かせください。

プログラム

12月7日(水):ユーザー会(1日目)

9:30受付
9:50501号室前集合(企画趣旨の説明、参加者自己紹介)
午前講演聴講
12:50501号室前集合(昼食、質問受付時間)
コミュニケ
ーション1
学生及び若手向けセミナー (15:20 ~ 16:35)

"ミラー教授による電気機器設計における最も大切な考え方"
電気機器の設計指針となる重要かつ基本的な考え方について、Miller 教授にご講義いただきます。
理論と実践の関係について解説いただきますので、電気/構造の物理方程式の基礎から、それらがどのように初期設計、試験結果の理解、故障分析などに関係するのかまでを学ぶことができます。
設計手法については、新旧の設計事例を参照しつつ学んでゆきます。新旧手法の比較を通して、新しい材料や機器、電源や制御方法によってもたらされる膨大な変化の可能性を知ることができますし、それに基づいて将来の設計への手がかりを得ることができます。
最後に、種々のソフトウェアの役割についても議論します。

セミナー概要原文はこちら

 ※Miller教授へ本レクチャーを依頼するまでの経緯は山田の雑日記をご覧ください。
夕方講演聴講
懇親会

12月8日(木):ユーザー会(2日目)

8:30受付
8:50501号室前集合(質問受付時間)
午前講演聴講
11:40501号室前集合(昼食、質問受付時間)
午後講演聴講
コミュニケ
ーション2
お好きなイベントに参加
夕方講演聴講

※交通費、宿泊費の支給はございません。予めご了承ください。
※プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

ユーザー会参加お申込み

JMAGユーザー会の参加お申し込みは、11月29日(火)17:00をもちまして締め切らせていただきました。
多数のお申し込み、誠にありがとうございました。
参加証は近日中にメールにてお送りいたします。

2016年11月29日

JMAGユーザー会の開催までの間、WEBページにて最新の情報や準備状況をご覧いただけます。
皆様と会場でお会いできますことを楽しみにしております。