JMAGユーザー会2016 イベントのご紹介

私たちの願いは、皆様のモノづくりに貢献をすることです。
そして、私たちの使命は、よりよいモノづくりを進めるために、その必要なエンジニアリングをソフトウェアで具現化していくことにあります。

ユーザー会の主な目的は、ご参加いただいている皆様の技術交流と考えています。
この会を、参加者の皆様同士、また私たちとの間を一歩近づけ、より良いモノづくりをするために何をすべきかを考える場としたいと思います。

コミュニケーションの時間は、JMAGのテクニカルパートナーの展示や、セミナー、ポスターなどの技術ディスカッションをお楽しみください。


2016年12月9日
お蔭様で多くのお客様にご参加いただき、盛大に終えることができました。
誠にありがとうございました。
2016年11月8日
山田の雑日記 を開始しました。
学生向けJMAGオリエンテーション ページをオープンしました。
2016年11月1日
イベントページを追加
セミナーや技術ディスカッションの情報を追加しました。

講演・展示 | セミナー | 技術ディスカッション 

講演・展示

講演
基調講演に、General Motors社Sinisa Jurkovic氏、特別講演に、日立パワーソリューションズ社後藤 文彦氏とMathWorks社Tony Lennon 氏をお招きして開催します。
また、ユーザー様24社に魅力ある事例をご講演いただきます。

2016/11/22
MBDセッションJSOL発表のタイトルを更新いたしました。

詳しくはこちら
展示
JMAGのテクニカルパートナー企業の方28社にご出展いただきます。
材料メーカー様を始め、JMAGとの連携事例や最新の技術を紹介いたします。

2016/11/25
三菱製鋼株式会社のご紹介を更新いたしました。



詳しくはこちら

セミナー

機能別セミナー、パートナーセミナー
JMAG機能別セミナーは、JMAGをより良くご利用いただくための紹介セミナーです。各30分8種のテーマを用意しています。
また、JMAGテクニカルパートナーである、SIEMENS PLM Software社、日本ナショナルインスツルメンツ様、メンター・グラフィックス様、横河メータ&インスツルメンツ様に発表いただきます。


2016/11/15
SIEMENS PLM Softwareのパートナーセミナー情報を更新いたしました。

詳しくはこちら
学生及び若手向けセミナー
~ミラー教授による電気機器設計における最も大切な考え方~
12月7日(水) 15:20 ~ 16:35
学生、若手の方々に向けて、モータ設計の第一人者・Prof. Millerによる75分間の講義です。
ぜひふるってご参加ください。

THE MOST IMPORTANT IDEAS IN THE DESIGN OF ELECTRIC MACHINES
University of Glasgow Electronics and Electrical Engineering
Emeritus Professor T.J.E. Miller氏

詳しくはこちら
アドバンストセミナー 最適化
12月7日(水) 15:20 ~ 16:35
最適化は必須の技術になりつつあり取り組むユーザーも増えてきました。ただ、少し進んだことをやろうと思うと、うまくいかなかったり迷ってしまうこともあるかもしれません。そんなユーザーのためのセミナーです。具体的な問題解決方法に加えて、JMAGの最適化の今後の方針についても説明します。

詳しくはこちら
アドバンストセミナー 損失
12月8日(木) 14:40 ~ 15:55
損失解析は玉ねぎのようです。剥いても剥いても課題は尽きません。でも歩みを止めるわけにはいきません。本セミナーでは新しい損失解析技術を実務に適用する際に直面する問題について解説とディスカッションを行います。


詳しくはこちら

技術ディスカッション

解析技術
高度化する課題に立ち向かうためには、新しい解析技術が必要になります。私たちも新しい解析技術の開発にチャレンジしています。成功してJMAGに組み込まれるもののあれば、思うようにいかないものもあります。ここではその一端を紹介します。

掲示日時:
12月8日(木)14:25 ~ 15:55

詳しくはこちら
最適化
電気機器設計における最適化計算の適用は新たな潮流となっており、JMAG も最適化をより実用的にするための機能開発を続けています。JMAG での最適化機能の現状と、今後実用化が期待される最新技術動向についてご紹介します。

掲示日時:
12月8日(木)14:25 ~ 15:55

詳しくはこちら
モデルベース開発
限られた開発時間で要求を満たすシステムを実現するためには、機器設計とシステム設計を並行して進めるコンカレントなMBDが必要になります。私たちはJMAG-RTを中心にコンカレントMBDを推進しています。JMAGのMBDをご覧ください。

掲示日時:
12月7日(水)15:05 ~ 16:50

詳しくはこちら
MATLAB
エンジニアの中で人気の高いMATLABとJMAGは高い親和性を持っています。Simulink上で動くJMAG-RTはもちろんのこと、最適化ツールボックスを使ったり、MATLABとJMAGを連携させて自動化を行うこともできます。2つの製品の連携について紹介します。

掲示日時:
12月7日(水)15:05 ~ 16:50

詳しくはこちら
JMAG V16
間もなくリリースされるJMAG-Designer Ver.16.0 には、新しい形状モデリング技術、大規模計算を快適にする操作性、能率的なスクリプティングなど、新しい魅力を豊富に搭載しています。また一歩進化したJMAG をここにお披露目します。

掲示日時:
12月7日(水)15:05 ~ 16:50

詳しくはこちら
アプリケーションカタログ
JMAGの機能開発が進み、その適用範囲も広がります。実際にどういうアプリケーションで適用できるのか、事例を用いて紹介します。

掲示日時:
12月7日(水)15:05 ~ 16:50
12月8日(木)14:25 ~ 15:55

詳しくはこちら
JMAG Lab.
より高機能をより使いやすく提供することを目指して、私たちは毎日開発を続けています。その達成には、皆さんがJMAG を使いながら何を感じ、どこで迷われているかの理解が欠かせません。本セッションでは開発中の機能を皆さんに操作いただきつつ、ユーザーが求める操作性はどういうものか、開発者と率直なご意見を交えていただきたいと思います。

12月7日(水)15:05 ~ 16:50
12月8日(木)14:25 ~ 15:55

詳しくはこちら
開発ボード
JMAGは大学の研究室で生まれたソフトウェアではありません。あるメーカエンジニアの"磁界解析をやりたい"という一言で始まりました。1983年のことです。以来、ユーザーとのディスカッションでJMAGは作られています。今年も皆さんの声を聞かせてください

掲示日時:
12月7日(水)12:50 ~ 20:00
12月8日(木)9:00 ~ 15:55

詳しくはこちら

ユーザー会参加お申込み

JMAGユーザー会の参加お申し込みは、11月29日(火)17:00をもちまして締め切らせていただきました。
多数のお申し込み、誠にありがとうございました。
参加証は近日中にメールにてお送りいたします。

2016年11月29日

JMAGユーザー会の開催までの間、WEBページにて最新の情報や準備状況をご覧いただけます。
皆様と会場でお会いできますことを楽しみにしております。