イベントセミナーJMAG Users Conference in USA

御挨拶

JMAGユーザー会in USAを開催します。
機能にフォーカスしたトレーニングも開催します。
電磁界解析の技術動向や利用状況などの情報を収集する良い機会です。ぜひ御参加ください。

開催概要プログラム開催レポート

開催概要

主催 POWERSYS Inc.
日程 2016年10月11日(火)
会場 THE WESTIN SOUTHFIELD DETROIT(アメリカ:サウスフィールド)
1500 Town Center Southfield, MI 48075 USA
http://www.westinsouthfielddetroit.com/
URL http://www.powersys-solutions.com/JMAG_UC_USA_2016/

プログラム

2016年10月11日(火)JMAG Conference and Technical Day


08:00 - 09:00 Continental Breakfast / Registration
09:00 - 09:45 Keynote - General Motors
Dr. Khwaja Rahman,
Technical Fellow GM Powertrain,
09:45 - 10:30 Second presentation - Hyperloop One
Dr. James Dorris,
Director of Electromagnetics,
Hyperloop One
10:30 - 10:45 Coffee Break
10:45 - 11:30 Third presentation - Nexteer
Dr. Rakib Islam,
Staff Electromagnetics Engineer,
Nexteer
11:30 - 12:15 Fourth presentation - JSOL Corporation - Developer of JMAG
Dr. Takashi Yamada,
JSOL Corporation
12:15 - 13:00 Lunch
13:00 - 13:45 New Features in JMAG Version 16 (To be released in December 2016)
13:45 - 14:30 Tips and Suggestions for Using JMAG
14:30 - 15:00 Coffee Break
15:00 - 15:45 Using a High Fidelity Motor Model in a Control/System Simulation - (Simulink)
15:45 - 16:30 Techniques to Reduce Calculation Time (Software and Hardware)
16:30 - 18:30 Open bar and light appetizers to finish the day (no dinner).
End of the User Conference

※講演内容は、都合により変更となる場合がございます。予めご了承ください。
最新の情報は、POWERSYSのWEBサイトをご覧ください。
http://www.powersys-solutions.com/JMAG_UC_USA_2016/

開催レポート

今年のアメリカでのJMAG ユーザー会は、10月11日にデトロイト近郊のサウスフィールドにおいて、約50名の参加を得て開催されました。会議にはデトロイトで活躍する自動車メーカーやそのサプライヤを中心に遠く西海岸やカナダからも足を運んでいただき、JMAGユーザーが北米各地に広まりつつあることを実感しました。
ユーザー講演として3社から利用事例をご発表いただきましたが、いずれも近年の開発テーマとして注力している最適化設計やマルチフィジクス・シミュレーションなど先進的な解析手法を設計に活用されている事例をご紹介いただき、シミュレーション技術の発展と設計の深化が同期している様子が覗えるすばらしい内容でした。
続く技術セッションでは、詳細化・大規模化するシミュレーションをより効果的に進めるためのJMAG の利用技術について、ユースケースに沿ったデモを交えた解説が行われました。ユーザー講演にも表れているようにアメリカのユーザーは非常に先進技術への意識が高く、いずれの解説に対しても質問に併せて更なる機能への要望を多くいただき活発な議論となりました。
アメリカでのユーザー会は今年で4回目となりますが、例年参加者とのコミュニケーションで寄せられる議論のレベルは非常に高く、各設計現場でJMAG が非常に早く浸透し技術者に使い込まれている様子が目に浮かびます。私たち開発陣としても設計技術の進歩に取り残されない様、その試金石としてこの声に応えていきたいと思います。

JMAG Users Conference in USA report 01

JMAG Users Conference in USA report 02

お問い合わせ

POWERSYS Inc.
TEL: +1 248-595-5421
E-mail: a.kone@powersys-solutions.com,jmag-uc-usa@powersys-solutions.com


>> イベント情報に戻る Topへ戻る
Contact US


30日間無料トライアル
モータモデルライブラリ