ファクトリーオートメーション

実際の制御状況における機器の振る舞いを予測

工作機器につかわれるサーボモータやソレノイド、位置決め装置のアクチュエータ、搬送用のリニアモータの小型化、高精度化にJMAGは使われています。また、最近精力的に研究開発が進められているロボット分野でもモータやアクチュエータの高性能化と制御性が鍵となるため、JMAGが利用されています。

FA分野では精度の高いモーションコントロールが求められ、応答性の向上、コギングトルクの抑制のために形状や構成の徹底した最適化が図られます。JMAGを使うことで非常に多くの設計案について試行ができるため、信頼性の高い最適化を行うことができます。また、制御シミュレータとJMAGを連携させることで、実際の制御状況における機器の振る舞いを正確に予測することができます。

Factory Automation


参考文献

:認証あり
No 出展
992 平山 雅之: "電磁界における三次元解析および大規模解析の必要性", JMAGユーザー会 2014, 2014
983 伊藤 新治: "JMAG-Designerを用いた空気圧電磁弁の応答性の解析", JMAGユーザー会 2014, 2014
973 中田 綾香: "JMAG と FLUENT、ANSYSの連携による高周波加熱シミュレーション", JMAGユーザー会 2014, 2014
972 福田 雅也: "磁場-熱連成解析を活用した生産技術開発への適用事例", JMAGユーザー会 2014, 2014
924 渡邉 隆司: "磁力選別機のためのJMAG-Designerの活用事例と課題", JMAGユーザー会2013, 2013
854 豊田 昭仁: "リフトモーションに適した円筒状リニアモータの開発", JMAGユーザー会2012, 2012
AN-41 アプリケーションカタログ, "41 - 制御シミュレータとJMAG-RTを用いた永久磁石型リニアモータの位置決め制御解析"