家庭用電気製品

根本的な改善策を打つために

最近の家電製品は環境問題意識の高まりから、高効率であることや静粛性が製品の重要な付加価値になっています。さらに従来からの小型軽量化、低コスト化の要求もますます高まっています。JMAGによるマルチフィジックスシミュレーション技術によって製品の最終性能が事前予測ができるだけでなく、実験では見ることができ ない磁界分布などを評価できるため現象の理解が進み根本的な改善策を打つことができます。

これまで多くのエアコンや冷蔵庫、洗濯機、電磁調理器、掃除機などの家電製品の開発現場でJMAGが活躍してきました。

homeappliance


参考文献

:認証あり
No 出展
1103 竹本 真紹: "アキシャルギャップモータの高効率化の取り組み", JMAGユーザー会 2016, 2016
1092 上條 芳武: "キャリア周波数に起因する電磁騒音の発生メカニズムに関する検討", JMAGユーザー会 2016, 2016
880 茅野 慎介: "JMAG-SuperExpressによる磁石の渦電流損解析", JMAGユーザー会2012, 2012
875 鈴木 信行: "HILS環境におけるIPMモータのシミュレーション", JMAGユーザー会2012, 2012
862 小川 登史: "JMAG-SuperExpress を活用したIPM モータの開発事例", JMAGユーザー会2012, 2012
856 山根 太志: "SRモータのトルクリップル解析とトルクリップル低減の取り組み", JMAGユーザー会2012, 2012
847 豊嶋 吉英: "JMAG-Designer によるスピーカーの開発と設計への展開事例", JMAGユーザー会2011, 2011
AN-90 アプリケーションカタログ, "90 - PWMを考慮したIPMモータの鉄損解析"
- JMAG導入事例:パナソニック株式会社 様, "家電の技術を産業のパートナー企業様へ - JMAGは、技術革新を促す戦略的ツール -"