第7回 次世代の電磁界解析セミナー 準備日記

2017-07-05

Vol.3 コラム:解析屋が見た損失評価 夏休み補講編、リベンジ

当然、ここで前回の準備日記 Vol.2で出した問題の答えをここで述べるべきだとは思うのですが、それをするにもまず、プレイモデルをある程度知っていただかないといけません。
ただ、それを学ぶセミナーの準備日記でその説明を始めるわけにもいかないので、答えをお知りになりたい方はセミナーに来ていただくか、拙コラムをご覧いただきたいと思います。

ご存知の方もいるかと思いますが、2年程前に、やはり、プレイモデルの理解者が多くない事実に気がつき、プレイモデルの解説を拙コラム"解析屋が見た損失評価"で行いました。当時はそれなりに頑張ったつもりで、それなりの方々にお読みいただいたと思うのですが、今一度読み返してみると、うーん、厳しいなぁ、という感じです。もう少し丁寧な説明をしないといけません。ご愛読いただいた方々ありがとうございます、です。

ということで、今回の午前の部「レクチャー:プレイモデル基礎講座」のベースはその時のコラムです。もちろん、反省を込めて改良を加えています。ご期待ください。
ただ、座って聞いていれば身につくような魔法のセミナーではありません。頭と手を大いに動かしていただく実習形式です。次回はそれについて触れてみたいと思います。

参考リンク