ホワイトペーパー

並べ替え条件
新しい順
古い順
Views
  1. [W-MA-88] 異常渦電流損失計算の高精度化 (1)

    本報告では異常渦電流損失計算の高精度化について解説を行う。

  2. [W-OP-96] 駆動用モータの多目的最適化実現のための GA の必要性

    本稿では設計変数が12個(形状変数8個、回路変数4個)、目的関数は回転数1,200rpm、9,000rpmそれぞれにおいてトルク最大化、リップル最小化、電圧最小化の合計6つと、応力が20Mpa以下という制…

  3. [W-OP-119] 設計空間の絞り込みを用いた多目的・多制約最適化問題の大域的設計探査

    本稿ではPMモータの最適化問題を事例に最適化計算の前処理として設計空間の絞り込みを行うことで計算コストを削減できることを示す。更に絞り込み方法として等価回路モデルを用いたGA、実験計…

  4. [W-MO-114] 効率マップ測定比較

    シミュレーションで求めた効率マップと実測の効率マップの比較を行い、全動作領域で誤差1%以内となった。また、効率マップに対する損失発生要因の寄与度を評価し、今回のモデルではPWMキャリア…

  5. [W-SE-145] 高並列ソルバの性能評価(誘導加熱)

    本稿では、誘導加熱の事例を用いて高並列ソルバの性能を評価した。結果として、マッピングなどの非並列処理を含む熱磁界双方向連成解析においても、MPP256並列を用いることでSMP8並列に対して1…

  6. [W-SE-72] 時間周期補正法による定常解高速解法

    本稿では、JMAGで採用しているTP-EEC法についてその具体的処理とTP-EEC法の適用の可否について説明する。読者ご自身のモデルへの、適用可否判断の材料としていただきたい。

  7. [W-MO-17] 四面体・五面体の混合メッシュを利用したオルタネータ解析

    本稿では計算時間を短縮するための効果的なメッシュを行うため、四面体・五面体の混合メッシュを取り上げ、これまでの四面体メッシュを用いて解析を実施した場合の計算時間と精度の比較、混合…

  8. [W-SE-113] 等価回路モデルを活用した過渡応答計算時間の短縮

    本稿では、モータの高精度な等価回路モデルを用いて過渡状態の早期定常化を図り、定常状態到達後にFEAモデルで計算する方法で計算高速化を試みた。その結果、FEAモデルと同様の精度を持つ等価…

  9. [W-MA-111] 異常渦電流損失計算の高精度化 (2)

    本稿では新たな異常渦電流損失のモデリング方法を検討し適用した結果、励磁状態に応じた異常渦電流損失を求められるが、導出時の励磁状態とは乖離が大きい高周波、高直流重畳量に適用すると実…

  10. [W-MO-85] 高調波損失を考慮した効率マップ評価

    本稿では電磁界解析・回路・制御の連成解析によりキャリア高調波とAC銅損の影響を考慮し効率を算定する方法を提案した。キャリア高調波とAC銅損の影響を考慮することで、低速、低トルクの動作…

  11. [W-HU-71] JMAG並列ソルバの性能評価とハードウェア選定の注意点

    本稿では、新しいSMP並列ソルバとMPP並列ソルバが従来よりも高並列な理由をアルゴリズムの視点から解説する。またハードウェアのシステム環境がそれぞれのソルバの性能に与える影響を説明し、…

  12. [W-MA-100] 高精度損失評価のための電磁鋼板詳細解析手法のご紹介

    電磁鋼板は電気機器の性能を左右する重要な要素の1つであり、高精度な損失評価が求められている。従来、磁界解析で得られた磁束密度波形を用いて後処理として鉄損解析を行う手法が普及している…

  13. [W-MB-66] JMAG-RT誘導機モデルの高精度化

    本報告では自動車駆動用モータへの適用を想定した誘導機プラントモデルの高精度化について報告する。

  14. [W-MO-13] 3次元形状を考慮した2次元ブラシモータ解析の検討

    本事例では、3次元解析モデル(3Dモデル)との比較を通して、三次元形状を考慮した2次元解析モデル(2Dモデル)構築の検討を行った。これらの結果の比較を通してモデル化の妥当性も示す。

  15. [W-TR-15] 均質化法に基づく変圧器遮蔽板の損失評価

    本稿では遮蔽板の電磁鋼板を1枚ごとにモデル化するのではなく、磁気的、電気的に等価な材料に置き換えた均質化法を適用することで、現実的なメッシュモデルを提案し、解析を行ったので下記に報…

  16. [W-SE-75] 反復計算と収束性について

    本報告では,局所量による非線形反復収束判定,ならびにICCG求解収束判定の改良[5]について説明し,それにより今までの課題がどのように改善されるかを示す。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧