国立学校法人 名古屋工業大学
Nagoya Institute of Technology

基本情報

国立大学法人 名古屋工業大学
大学院工学研究科 工学専攻 電気・機械工学系プログラム
教授 小坂 卓 氏

 WEBサイト

アプリ―ケーション:モータ
種別:IPM、SPM
産業分野:自動車

研究室のご紹介

名古屋工業大学小坂・松盛研究室では、次世代モータの高効率化に必要な技術開発を実施しています。例えば可変磁束磁石モータについて、新しい磁石材料の適用技術研究開発ならびにインホイールモータへの適用という、基礎から応用までを幅広くとらえた研究を行っています。上記以外にも、ハイブリッド界磁フラックススイッチングモータや高速駆動用モータの損失低減の検討、ならびに車載用DC-DCコンバータの設計など、幅広い電気機器についての研究を実施しています。
鉄損の推定など、高精度なシミュレーションを必要とする研究でJMAGをご利用いただいています。

JMAGを利用した研究テーマ

  • 新規磁石材料の可変磁力モーターへの適用技術の研究開発
  • 高周波診断電流印加に基づくIPMSMのロータ磁石温度推定
  • スイッチトリラクタンスモータの振動騒音抑制制御
  • ハイブリッド界磁フラックススイッチングモータの鉄損解析評価
  • GaNパワーデバイスを用いた車載用DC-DCコンバータの設計
  • ホモポーラ型高速駆動用モータの損失低減設計
  • 磁束可変インホイールモータの研究
  • ソーラーカーレース向け小型高効率モータの開発

JMAGを利用した企業との共同研究

  • 新規磁石材料の可変磁力モーターへの適用技術の研究開発(Maghem:高効率モーター用磁性材料技術研究組合)
  • 磁束可変インホイールモータの研究(THK株式会社)

JMAGを利用した論文リスト一覧<国内学会・国際学会>

  • 山畑佳子,岡田 孟士,小坂 卓,松盛 裕明,兼重 宙,”機械式固定子移動機構による可変エアギャップ構造を採用したEne-1 Challenge 用可変磁束SPMSM の運転範囲拡大設計”,令和三年電気学会産業応用部門大会講演論文集,Vol.3,No. 3-56,pp. III-363-III-366,2021
  • 松山裕哉, 石塚航太, 松盛裕明, 小坂 卓, 松井信行, “HEV/EV駆動用多相極数切換誘導電動機の設計検討”MD-21-079,RM-21-043, VT-21-004,モータドライブ/回転機/自動車 合同研究会 6月, 2021
  • 塚野春希,生田和也,小坂 卓,日高勇気,平井 友,有田秀哲,藤田暢彦,吉澤敏行,松盛裕明,松井信行,”クローポール型モータのPWMキャリア損評価モデルの検討”, MD-21-091,RM-21-055,VT-21-016,モータドライブ/回転機/自動車 合同研究会6月, 2021
  • K. Otsuka, T. Okada, T. Mifune, H. Matsumori, T. Kosaka and N. Matsui, “Basic study on efficiency improvement of hybrid excitation flux switching motor using variably magnetizable permanent magnets for automotive traction drives”, Proc. of the 2020 IEEE Energy Conversion Congress and Exposition (ECCE), pp. 27–34, 2020.
  • T. Okada, K. Otsuka, H. Matsumori, T. Kosaka and N. Matsui, “Design and Experimental Studies on HEFSM Employing Two Types of Permanent Magnets per Pole as Traction Motor for Automobile Applications”, Proc. of the 23rd International Conference on Electrical Machines and Systems (ICEMS), pp.521-526, 2020.
  • H. Katsumi, R. Ohno, H Matsumori, T. Kosaka and N. Matsui, “High-frequency Diagnostic Current Injection-Based Permanent Magnet Temperature Estimation of IPMSM at Standstill”, Proc. of the 23rd International Conference on Electrical Machines and Systems (ICEMS), pp.699-703, 2020.
  • T. Okada, M. Saito, T. Kosaka, H. Matsumori and N. Matsui, “Magnetization State Control of Variably Magnetizable Permanent Magnets Employed in HEFSM at Starting Up”, Proc. of the 2021 IEEE International Electric Machines & Drives Conference (IEMDC), pp.1-8, 2021.

JMAGを使用して受賞した受賞名

  • Best Paper Award (The First Prize) in 2021 IEEE International Electric Machines and Drives Conference (IEMDC2021), Awarded Paper: T. Okada, M. Saito, T. Kosaka, H. Matsumori and N. Matsui, “Magnetization State Control of Variably Magnetizable Permanent Magnets Employed in HEFSM at Starting Up,” Proc. of 2021 IEEE International Electric Machines & Drives Conference (IEMDC), pp.1-8, 2021
  • 2021年電気学会産業用部門論文賞(2021年8月25日),受賞論文:S. Shin, H. Naruse, T. Kosaka, N. Matsui, “Torque Ripple Minimization Control in SRM Based on Magnetizing Curve Model Considering Mutual Coupling”, IEEJ Journal of Industry Applications, Vol.9, No.6, 637-649, 2020

JMAGを使用した研究内容が掲載されている学会誌(学術雑誌)、書籍(科学出版物)発行等

  • Okada, T.; Kosaka, T.; Matsumori, H.; Matsui, N. Comparative Study on Hybrid Excitation Flux Switching Motors without and with Variably Magnetizable Permanent Magnets for Electrified Vehicle Propulsion. World Electr. Veh. J. 2021, 12, 58. https:// doi.org/10.3390/wevj12020058.

問い合わせ先

国立大学法人 名古屋工業大学
大学院工学研究科 工学専攻 電気・機械工学系プログラム

〒466-8555
名古屋市昭和区御器所町 名古屋工業大学 6号館 2階, 56号館2階
教授 小坂 卓 氏
E-mail:kosakanitech.ac.jp