JMAG-Designer

FEMエンジン


ソルバー

速度は精度と信頼性に直結します。機器内の現象の詳細把握や設計空間を調べるための大量計算には高速な計算処理が欠かせません。JMAGは高速計算のリーダーであり続けるために、高速ソルバーの開発、最新の計算機アーキテクチャへの適合、効率の高いモデリング手法の開発を行っています。


メッシュ

精度の高い解析のためには良質なメッシュが必要なことは言うまでもありません。CADモデルからボタン1つで目的に応じた無駄のない高品質のメッシュを生成することがJMAGのゴールです。熟練者のノウハウと同時の形状認識技術を駆使した自動メッシュ生成の技術開発に取り組んでいます。

モデリング

材料

信頼性の高い解析のためには現実の物理メカニズムをシミュレーションモデルにできるだけ忠実に埋め込む必要があります。JMAGでは、材料内部のミクロな振る舞いを再現するために材料モデリングの開発を続けています。

形状モデリング

複雑な現象を正確にとらえるためには、より実機に近いシミュレーションモデルを作成する必要があります。JMAGでは、詳細な形状を簡単に作成するための開発をしています。

マルチフィジックス

近年ニーズの高まりを見せているマルチフィジックス。JMAGは既に1994年には誘導加熱装置設計のための磁界-熱連成解析機能、1998年には電磁騒音対策のための磁界-振動解析機能を実用化し、ユーザーへの提供を始めています。それ以来、マルチフィジックス分野で多くの経験と改良を重ねています。
また、より広範なニーズに対応するために各解析分野のCAEベンダーと提携し、使いやすい環境の構築、整備を進めています。

設計支援

最適化パラメトリック

JMAGは最適設計を強力に支援するための様々な機能を提供しています。JMAGのパラメトリック解析機能、最適化計算機能によって、大量の設計案を効率的に評価できます。また、結果分析/感度解析機能が設計の改良ポイントを提案します。

モデルベース開発

プラント設計と制御設計を同時進行で進めることができるコンカレント性の高いモデルベース開発をJMAG-RTが実現します。JMAG-RTはFEAモデルからシステムレベルシミュレーションに高速高精度のプラントモデル(JMAG-RTモデル)を生成するシステムです。システム設計からHILSによるECU検証まで幅広く活躍します。

ユーザインタフェース

カスタマイズ

自分のJMAGを作れる柔軟なフレームワークを提供しています。スクリプト機能やユーザサブルーチン機能により、お客様独自のアルゴリズムを使った解析や結果分析ができます。また、形状ライブラリやテンプレートが自由な形状作成をお手伝いします。

ガイドライン

初めての方にも使いやすく、慣れている方にも使い勝手が良い、これがJMAG-Designerが目指すユーザーインターフェースです。

動画による機能紹介