機能チュートリアル

JMAGの新機能の使い方、サンプルデータをご用意してます。JMAGの様々な機能をぜひともお試しください。

JMAG-RT解析結果解析実行解析条件解析テンプレート回路形状材料スクリプトツールパラメトリック解析、最適化プロジェクト、モデル、基本設定メッシュユーザーサブルーチン

JMAG-RT

[JFT011] 制御シミュレーション時のティース電磁力のモニタリング

本資料では、JMAG-RTモデル作成時に電磁力や磁束密度など、任意のモデル内部情報を出力するための事前準備、MATLAB/Simulinkの設定、得られる電磁力について説明します。

[JFT077] 任意の回路トポロジを持つJMAG-RTモデル作成

本資料では、任意の回路トポロジを持つプラントモデル(JMAG-RTモデル)の作成方法を学習します。

[JFT012] 巻線界磁型同期モータのJMAG-RTモデル作成

本資料では、巻線界磁型同期モータのJMAG-RTモデルの作成方法、MATLAB/SimulinkでのJMAG-RTモデルを使用した制御シミュレーションの実行方法について学習します。

解析結果

[JFT070] JMAG-Designerを用いたPMモータの効率マップ作成(精度優先モード)

本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先モード)から、効率マップスタディ(精度優先モード)を作成する方法について学習します。

[JFT141] JMAG-DesignerにおけるJMAG-RTモデルデータファイルの作成機能

本資料では、JMAGで得られた効率マップ/損失マップをJMAG-RTモデルデータファイルとして出力し、得られたプロットをJMAG RT-Viewerで確認する方法を学習します。

[JFT128] 効率マップを用いたモード走行時の評価

はじめに 電気自動車駆動用モータの設計では、モータ単体の性能だけでなく、自動車を走行させたときの電費(電気自動車の燃費)や航続距離を評価します。 JMAGはモータの効率マップを生成することができ、生成したマップを用いてそ […]

[JFT043] 過渡応答解析で得られた分布量の周波数フィルター計算

本資料では、周波数フィルター計算機能を使用して、特定の周波数成分のみにフィルタリングされた分布量を表示する方法を学習します。

[JFT054] FFTを用いた電磁力の空間モードの表示方法

本資料では、JMAGで得られた電磁力の解析結果から、ステータにはたらく力の空間モードをレーダーグラフで確認する手順を学習します。

[JFT095] 結果ファイルからの分布量データの取得

本資料では、APIを利用して結果ファイルから分量データを取得する手順について学習します。

[JFT098] ローカルジョブ実行時におけるスレッドの自動割り当て

本資料では、スレッドのコアへの割り当てを最適化する手順について学習します。

[JFT025] 時刻歴の物理量同士の相関を示すグラフの作成

本資料では、2つの物理量の相関をグラフに表示させる方法について学習します。

[JFT023] 過渡応答解析で得られた分布量の周波数成分分析

本資料では、フーリエ変換計算機能を使用して出力された結果をベクトル表示させる方法を学習します。

[JFT003] 電磁鋼板内部のヒステリシスループ、損失密度分布の評価

本資料では、鋼板厚み方向に対する鉄損分布の評価方法について学習します。

[JFT014] 任意断面に対する物理量計算

本資料では、任意の断面を定義する方法、その定義した断面を使用して物理量を計算する設定、および結果の確認方法を学習します。

[JFT040] 分布量の結果を使用した任意の出力項目の作成

本資料では、出力項目の式を定義し、コンター表示させる方法について学習します。

[JFT041] 結果データを使用した簡易スキュー計算

本資料では、スキューグラフ機能を使用したグラフを確認する方法を学習します。

[JFT037] 分布量の差分の表示

本資料では、結果差分計算機能を使用して分布量の差異のコンターを確認する方法を学習します。

解析実行

[JFT138] ベクトル方程式データの作成とベクトル方程式の利用

本資料では、解析実行前にベクトル方程式データを作成し、その情報をもとにベクトル方程式を作成する方法を学習します。

[JFT127] 計算実行時の並列計算の設定変更

本資料では、計算実行時に並列計算の設定を変更する手順について学習します。

[JFT125] 効率マップスタディにおけるモード間でのオペレーティングポイント継承

本資料では、速度優先モードで得られたオペレーティングポイントの情報を精度優先モードで使用する方法について学習します。

[JFT123] 加工歪の考慮

本資料では、加工歪を考慮した磁界解析、鉄損解析の実行手順について説明します。

[JFT024] SSHを利用した解析のリモート実行

本資料では、SSHリモートマシン機能を使用してローカルマシンのデータをリモートマシンで解析実行し、結果をローカルマシンに取り込む方法を学習します。

[JFT115] 電磁力分布およびトルク波形の再計算

本資料では、磁界解析の後処理として電磁力を計算する方法について学習します。

[JFT113] SSHを使用した多数ジョブをグループ化した計算実行

JMAGは、複数のジョブをグループ化してジョブ管理システムに登録することができます。

[JFT110] トポロジー最適化で生じた多数の空孔の影響評価

本資料では、トポロジー最適化の結果として多数の空孔が生じた際に、空孔の応答値への影響の有無を効率よく分析する方法について学習します。

[JFT044] SSHを使用したプリポストとソルバーの並列分散処理

本資料では、プリポストとソルバーを並列処理する設定方法を学習します。

解析条件

[JFT137] 方程式の条件分岐を用いた電流の制限

本資料では、形状および電気抵抗が変化した時にコイルに流す電流値を制限する方法について学習します。

[JFT058] JMAG-Designerを用いた効率マップの作成 (速度優先モード)

本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先)を用いて、効率マップを作成する方法について学習します。

[JFT129] 効率マップ(速度優先モード)の応答値登録

本資料では、速度優先モードで得られたオペレーティングポイントの情報を精度優先モードで使用する方法について学習します。

[JFT117] 極数・スロット数を設計変数とした素線形状を持つモータのパラメトリック解析実施方法

本資料では、極数、スロット数を設計変数としたモータの素線形状パラメトリック解析を行う方法について学習します。

[JFT089] プレイモデル・積層解析を用いた鉄損計算

本資料では、プレイモデル・積層解析を用いた鉄損計算の計算手順について学習します。

[JFT091] 磁界解析内での鉄損の考慮

本資料では、磁界解析内での鉄損の考慮の計算手順について学習します。

[JFT090] プレイモデル・積層解析を用いた鉄損計算 (異常渦電流損失の考慮)

本資料では、異常渦電流損失を考慮したプレイモデル・積層解析を用いた鉄損計算の計算手順について学習します。

[JFT088] 鉄損特性データを用いた鉄損計算(異常渦電流損失の分離)

本資料では、鉄損特性データを用いた鉄損計算および異常渦電流損失の分離の計算手順について学習します。

[JFT087] 鉄損特性データを用いた鉄損計算

本資料では、鉄損特性データを用いた鉄損計算の計算手順について学習します。

[JFT111] 任意運動の考慮

本資料では、電気機器の可動部に任意運動を考慮する方法について学習します。

[JFT109] 効率マップの外部データ取り込みおよび比較

本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディで、外部データを入力とした効率マップを作成し、効率マップの差分を確認する方法について学習します。

[JFT106] ベクトルポテンシャル境界条件を使用した多段階解析

本資料では、ベクトルポテンシャル境界条件を用いた多段階の解析を実行する方法を学習します。

[JFT102] 巻線エディタを用いた3Dモデルのコイル設定

本資料では、巻線エディタを用いて3Dモデルのコイル設定を行う方法について学習します。

[JFT084] JMAGとSTAR-CCM+による流体力を考慮した双方向連携解析の手順

本資料では、JMAGとSTAR-CCM+による流体力を考慮した双方向連携解析の設定手順を学習します。

[JFT078] 定常状態到達後に自動で解析を停止する方法

本資料では、定常状態到達後に自動で解析を停止する方法を学習します。

[JFT081] JMAG-Designerを用いた誘導機の効率マップ作成(速度優先モード)

本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先モード)を用いて、誘導機の効率マップを作成する方法について学習します。

[JFT072] CSVファイルによる応力分布指定

本資料では、CSVファイルによる応力分布の考慮方法を学習します。

[JFT066] 巻線エディタを用いたコイル設定

本資料では、巻線エディタを用いてコイル設定を行う方法について学習します。

[JFT063] 極数、スロット数を設計変数としたモータのパラメトリック解析実施方法

本資料では、極数、スロット数を設計変数としたモータのパラメトリック解析を行う方法について学習します。

[JFT064] 2Dで段スキューを考慮したモータの振動解析方法

本資料では、2Dで段スキューを考慮したモータの振動解析方法について学習します。

[JFT049] FEMコイル条件のグループ化

本資料では、FEMコイル条件をグループ化し、マクロ素子の波巻きとの関連付けを行う方法を学習します。

[JFT042] 早期に定常状態の解を得る方法(時間周期補正)

本資料では、時間周期補正機能を使用して定常状態を少ない時間ステップで得る方法を学習します。

[JFT004] JMAGとSTAR-CCM+による双方向連携解析機能

本資料では特に連成解析に関わる部分について学習します。

[JFT015] JMAGとSTAR-CCM+による熱流体を考慮した双方向連携解析の手順 (Ver17.0以降)

本資料では、JMAGとSTAR-CCM+による熱流体を考慮した双方向連携解析の設定手順を学習します。

[JFT034] 回転軸を平行移動させる偏心の設定

本資料では、回転軸を平行移動させる設定について学習します。

[JFT036] 回転軸を傾ける偏心の設定

本資料では、回転軸を傾ける設定について学習します。

[JFT033] 運動領域の初期位置を平行移動させる偏心の設定

本資料では、運動領域の初期位置を平行移動させる設定について学習します。

[JFT035] 運動領域の軸を傾ける偏心の設定

本資料では、運動領域の軸を傾ける設定について学習します。

解析テンプレート

[JFT053] 解析テンプレートを使用した磁石の磁化方向の継承

本資料では、解析テンプレートを使用して磁石の磁化方向を継承させる方法を学習します。

[JFT046] 解析テンプレートを使用した解析グループの継承

本資料では、解析テンプレートを使用し解析グループを設定させる方法を学習します。

[JFT020] 解析テンプレートによる解析内容の継承

本資料では、解析テンプレートを使用し条件と材料の継承方法を学習します。

回路

[JFT143] JMAG-RTと回路のみを使用した制御シミュレーションの実行方法

本資料では、JMAGにて統合スタディを作成し、制御シミュレーションを行う方法を学習します。

[JFT149] JMAG-Designerを用いたJMAG-RTモデル作成と制御シミュレーションの連続実行方法

本資料では、JMAG-DesignerにてJMAG-RTモデルの作成と、作成したJMAG-RTモデルを使用した制御シミュレーションを連続実行する方法について学習します。

[JFT150] 複数のスタディを回路上で接続した計算実行

本資料では、JMAG-Designerにて複数のFEM解析を回路上で接続した解析を実行する方法について学習します。

[JFT154] 冷却を考慮したモータ熱解析モデルの自動作成

本資料では、任意のモデルがあるJMAGプロジェクトファイルからスクリプトを実行して、書き出し済みのJCFファイルをもとに回路素子と各熱条件が一括設定された熱解析モデルを作成する方法を学習します。

[JFT069] JMAG-DesignerとJMAG-RTで行う電流制御を考慮したモータの高調波損失計算

本資料では、電流制御(PWM制御)されたPMモータの高調波損失をJMAG-RTモデルを用いることで高速に計算する方法を学習します。

[JFT147] パラメトリック解析を用いたルックアップテーブルの作成

本資料では、JMAG-Designerでパラメトリック解析を行い、MATLABのルックアップテーブルとして登録する手順を学習します。

[JFT126] 制御回路における信号のベクトル化(MUX、DEMUX)

本資料では、制御回路における信号のベクトル化(MUX)、およびベクトルの分解(DEMUX)素子の使用方法を学習します。

[JFT133] システムレベルシミュレーションにおけるシステム損失評価

本資料では、JMAGで得られた効率マップ/損失マップをファイル出力し、回路シミュレーションを使用してモード走行時のシステム損失を把握する方法を学習します。

[JFT068] 3相同期モータのdq軸電流指定

本資料では、dq軸電流を指定してモータを駆動する方法について学習します。

[JFT080] MATLAB/SimulinkとJMAGの直接連携

本資料では、MATLAB/SimulinkとJMAGの直接連携手順を学習します。

[JFT047] JMAG-Designerで行う電流制御を考慮したモータの高調波損失計算

本資料では、電流制御(PWM制御)されたモータの高調波損失を計算する方法を学習します。

[JFT071] ユーザー定義計算素子の作成

本資料では、ユーザー定義計算素子の作成方法を学習します。

[JFT059] 高調波電流の考慮方法(JMAG-RT)

本資料では、プラントモデル(JMAG-RTモデル)を用いた回路シミュレーションにより高調波電流波形を求め、磁界解析で使用する方法について学習します。

[JFT048] ブラシ・整流子素子

本資料では、ブラシ・整流子素子の使用方法を学習します。

形状

[JFT151] ビームを用いたコイルの作成方法

本資料では、磁界解析において線電流条件を使用した計算を学習します。

[JFT139] コイルテンプレートと巻線エディタを使用したアキシャルギャップ型回転機のコイルモデリング

本資料は、アキシャルギャップ型モータのコイル形状の作成および条件の設定方法を学習します。

[JFT142] 局所座標系を用いた形状作成

本資料では、局所座標系を使って形状を作り、パラメトリックに形状を変える方法について学習します。

[JFT116] 任意の巻き方を考慮した回転機のコイル形状作成

本資料は、コイルテンプレートの巻線テーブル編集機能を使用して、回転機のコイルを作成する方法を学習します。

[JFT108] 2次元メッシュモデルを元にした3次元メッシュモデルの作成

本資料では、形状エディタを用いて2次元メッシュモデルから3次元メッシュモデルを作成する手順について学習します。

[JFT002] ダイレクトモデリングを用いた形状パラメトリック

本資料では、ダイレクトモデリングを用いた形状パラメトリックの方法について学習します。

[JFT018] コイルテンプレートを使用した回転機のコイル形状作成

本資料は、コイルテンプレートを使用して、分布巻のコイルを作成する方法を学習します。

[JFT105] 3次元CADソフトウェアNXのCADリンク機能

本資料では、NXのprtファイルをJMAG-Designerで開き、寸法を変更する方法を学習します。

[JFT062] 形状テンプレート(Python)による形状作成方法

本資料では、JMAGを用いて形状のテンプレートを作成する方法について学習します。

[JFT061] 関数による線形状の作成方法

本資料では、JMAGを用いて形状の自動作成を実行する方法について学習します。

[JFT052] 形状テンプレートを使用したモータ形状の作成

本資料では、プリインストールされているステータとロータの形状を使用して、モータの形状を作成する方法を学習します。

[JFT051] 形状テンプレートの作成とその利用

本資料では、形状を登録し、その登録した形状を使用する方法を学習します。

[JFT001] パス作成機能およびスイープ機能

本資料ではスイープ機能の使い方を学習するために操作手順を示します。

[JFT017] 素線テンプレートを使用した形状作成

本資料は、素線テンプレートを使用して、複数の素線を一括で作成する方法を学習します。

[JFT013] ロフト機能を使用した四角錐台形の作成

本資料は、[ロフト]機能を使用した3次元形状の作成法方法を学習します。

[JFT039] 2つの部品の重複部分を削り取る方法

本資料では、2つのソリッドの重複部分を削り取る方法について学習します。

材料

[JFT104] 磁束密度・周波数依存性の異常渦電流損失係数の適用

本資料では、異常渦電流損の補正係数に周波数・磁束密度依存性を持たせた異常損係数テーブルを作成し、それを使用した鉄損計算手順について学習します。

[JFT021] 温度依存性を考慮した保磁力分布と残留磁束密度分布を持つ磁石の作成

本資料は、温度依存性を考慮した保磁力と残留磁束密度を持つ磁石材料を部品に設定する方法を学習します。

スクリプト

[JFT121] 効率マップを用いたモード走行時の電費計算

本資料では、得られた効率マップとツールを使用して、モード走行時の電費を計算する方法を学習します。

[JFT124] 最適化計算時に形状破綻を低減する寸法範囲の探索

本資料では、最適化計算時に形状破綻を低減する寸法範囲の探索に有用な機能の使用方法を学習します。

[JFT056] NVH用の電磁力出力スクリプトの使用方法

本資料では「NVH用の電磁力出力」スクリプトの使い方を学習するため、サンプルデータと操作手順を示します。

[JFT154] 冷却を考慮したモータ熱解析モデルの自動作成

本資料では、任意のモデルがあるJMAGプロジェクトファイルからスクリプトを実行して、書き出し済みのJCFファイルをもとに回路素子と各熱条件が一括設定された熱解析モデルを作成する方法を学習します。

[JFT153] CNN代理モデルを援用したトポロジー最適化計算

本資料では、CNN代理モデルを援用したトポロジー最適化計算のワークフローとして、CNN代理モデル作成のためのトポロジー最適化実行、CNN代理モデルの作成、CNN代理モデルの精度検証、CNN代理モデルを援用したトポロジー最適化計算の実行方法について学習します。

[JFT146] 代理モデルを援用した最適化計算

本資料では、代理モデルを援用した最適化計算のワークフローとして、学習データの作成、代理モデルの作成、代理モデルを援用した最適化計算の実行方法について学習します。

[JFT120] プレイモデルにおける対称ヒステリシスループの作成機能

本資料では、1本のBHループの測定データからツールを使用して対称ヒステリシスループ群を作成する方法を学習します。

[JFT134] 電流波形のスタディ間の継承

ここでは、ポスト計算スクリプトを用いて2次元解析で得られた電流波形を自動的に3次元解析に設定する方法を学習します。

[JFT114] スクリプトを使用した効率マップの補正

本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先)を用いて、作成された効率マップの応答値をPythonスクリプトで補正する方法について学習します。

[JFT009] スクリプトを使ったツールの提供~容量係数の計算

本資料では、静電容量係数計算機能スクリプトの使い方を学習します。

[JFT006] スクリプトを使ったツールの提供~回転パターンのコイル設定(2D)

本資料では、2次元モデルの回転パターンのコイル設定をスクリプトから設定する方法について学習します。

[JFT110] トポロジー最適化で生じた多数の空孔の影響評価

本資料では、トポロジー最適化の結果として多数の空孔が生じた際に、空孔の応答値への影響の有無を効率よく分析する方法について学習します。

[JFT082] 多ケース計算時のコンター図を含むレポートの自動出力

本資料では、多ケース計算中のレポートファイルの出力方法を学習します。

[JFT038] MATLABを使用したJMAGの自動化

本資料では、MATLABからMATLABコードファイルを実行しJMAG-Designerの起動からMATLABで結果を表示させ、JMAG-Designerを閉じるまでを自動で行うスクリプトのご紹介をいたします。

[JFT019] 多部品に対するFEMコンダクタ条件の一括設定

本資料では、JMAGにプリインストールされているスクリプトを使用し多数の素線部品に、FEMコンダクタ条件を一括で設定する方法を学習します。

[JFT007] スクリプトを使ったツールの提供~回転パターンのコイル設定(3D)

本資料では「回転パターンのコイル設定」というスクリプトの使い方を学習するため、サンプルデータと操作手順を示します。

[JFT008] スクリプトを使ったツールの提供~モータの効率マップ

本資料はプリインストールされている”同期モータ効率マップ作成”スクリプト の使い方を学習するためにサンプルデータと操作手順を示します。

ツール

[JFT148] 巻線エディタで素線ごとに回路素子を設定する方法

本資料では、巻線エディタのオプション機能のON/OFFによる回路素子の接続状態の違いを確認します。

[JFT140] JMAG-Expressを用いたモータ設計

本資料では、JMAG-Expressを使用したモータ設計の手順について学習します。

[JFT145] 並列回路での巻線を任意層に配置する方法

本資料では、コイルの直並列を設定し、スロット内の配置を切り替える方法を学習します。

[JFT144] 任意点での鎖交磁束計算

本資料では、空気領域における任意点を設定し、その点での鎖交磁束を計算する手順を学習します。

[JFT083] 多目的ファイル出力ツールのコマンドライン実行による自動化

本資料は、多目的ファイル出力ツールを自動化する方法を学習します。

[JFT060] 実測したヒステリシスカーブの加工

本資料では、ヒステリシスカーブ作成ツールを用いて実測のヒステリシスカーブを加工する方法について学習します。

[JFT067] 多目的ファイル出力ツールで出力した電磁力のプレビュー表示

本資料は、多目的ファイル出力ツールを使用し、出力した電磁力分布をプレビューする方法を学習します。

[JFT022] 多目的ファイル出力ツールによる物理量のファイル出力

本資料は、多目的ファイル出力ツールを使用し、JMAGから物理量を出力する方法を学習します。

パラメトリック解析、最適化

[JFT103] 密度法を使用したトポロジー最適化の実行方法

本資料では、JMAGを用いて感度解析に基づいたトポロジー最適化を実行する方法について学習します。

[JFT065] 部品面の面積を取得して条件を設定する方法

本資料では、コイルの面積に応じて電流値を設定する方法について学習します。

[JFT152] 代理モデルを使用した応答値の出力

本資料では、代理モデルを使用して設計パラメータの組み合わせより得られる結果を短時間で評価するためのマクロを提供しています。代理モデルを使用したパラメトリック計算のワークフローとして、設計パラメータをランダムに組み合わせたケースの作成、応答値の取得、応答値のグラフ化の実行方法について学習します。

[JFT146] 代理モデルを援用した最適化計算

本資料では、代理モデルを援用した最適化計算のワークフローとして、学習データの作成、代理モデルの作成、代理モデルを援用した最適化計算の実行方法について学習します。

[JFT097] 材料特性を設計変数とした最適化実行方法

本資料では、材料特性を設計変数とした最適化を実行する方法について学習します。

[JFT135] SSHを使用したトポロジー最適化計算の分散実行

本資料では、SSHを使用してLinuxのリモートマシンでon/off法を用いたトポロジー最適化計算を実行する方法を学習します。

[JFT136] SSH設定のリモートマシンへの送信

本資料では、ローカルマシンで設定したSSH設定をリモートマシンへ送信し、他ケース計算を実行する方法を学習します。

[JFT132] パラメータとトポロジーの同時最適化

ここでは、パラメータとトポロジーを同時に最適化する方法を学習します。

[JFT131] NGnetの重みを用いた形状の類似度の評価

本資料では、NGnetを用いたトポロジー最適化の実行後に、NGnetの重みから形状の類似度を評価する方法について学習します。

[JFT122] 次数低減モデルを用いた最適化計算の実行

本資料では、次数低減モデルを使用した単独解析と最適化を実行する方法を学習します。

[JFT112] NGnetを用いたトポロジー最適化におけるスクリプトを用いた応答値の定義

本資料では、Pythonスクリプトを使用して応答値を計算し、目的関数として使用したトポロジー最適化を行う方法について学習します。

[JFT118] SSHを使用したパラメータ最適化計算の分散実行

本資料では、SSHを使用してLinuxのリモートマシンで最適化計算を実行する方法を学習します。

[JFT096] 解析パラメータ一覧を使用したパラメトリック解析の実行方法

本資料では、解析パラメータ一覧を使用したパラメトリック解析の実行と結果の確認方法を学習します。

[JFT094] 材料特性のパラメトリック解析

本資料では、ケースごとに鉄損式の係数を変えたパラメトリック解析を行い、ジュール損失、ヒステリシス損失を求めるまでの手順について学習します。

[JFT057] トポロジー最適化の実行方法

本資料では、JMAGを用いてトポロジー最適化を実行する方法について学習します。

[JFT075] 寸法多目的最適化計算の手順

本資料では、寸法を設計変数とし相反性のある評価項目に対して多目的最適化計算を実行する手順について学習します。

[JFT076] 複数のスタディを用いた形状最適化実行方法

本資料では、複数のスタディを用いた形状最適化の実行方法を学習します。

[JFT028] 材料を使用したケース追加の手順(パラメトリック解析)

本資料では、材料を使用した事前準備の手順について学習します。

[JFT029] 点列を使用したケース追加の手順(パラメトリック解析)

本資料では、点列を使用した事前準備の手順について学習します。

[JFT027] 方程式を使用したケース追加の手順(パラメトリック解析)

本資料では、方程式を使用した事前準備の手順について学習します。

[JFT026] 設定一覧を使用したケース追加の手順(パラメトリック解析)

本資料では、設定一覧を使用した事前準備の手順について学習します。

[JFT032] 設計変数に対する評価グラフの表示(パラメトリック解析)

本資料では、解析で出力した結果を応答値に登録し、その応答値で応答グラフを作成する手順について学習します。

[JFT030] 寸法を設計変数としたケース追加の手順(パラメトリック解析)

本資料では、寸法を設計変数にする事前準備の手順について学習します。

[JFT031] 方程式を使用した寸法のケース追加の手順(パラメトリック解析)

本資料では、寸法に方程式を使用する事前準備の手順について学習します。

プロジェクト、モデル、基本設定

[JFT101] 他のスタディの応答値を利用した条件設定

本資料では、他スタディの解析結果を参照し、引き続き計算する解析の入力値とする手順について学習します。

[JFT045] CADデータ更新時の設定継承

本資料では、最適化ツール利用時を想定してスクリプトを用いたCADファイル更新時の設定継承の方法を学習します。

[JFT050] 指定したスタディをプロジェクトから出力する方法

本資料では、1つのスタディを出力させる方法について学習します。

メッシュ

[JFT079] 並進運動モデルへの拡張スライドの適用方法

本資料では、並進運動モデルへの拡張スライドの適用方法を学習します。

[JFT093] モーフィング機能を使った形状変更 (指定エッジ上の節点のみ移動)

本資料では、メッシュモデルからモーフィング機能を用いて指定エッジ上の節点のみを移動するまでの手順について学習します。

[JFT099] マニュアルメッシュとオートメッシュの混合

本資料では、形状エディタで一部の部品に四角形要素を設定したメッシュモデルをJMAG-Designer上に読み込み、その他の部品のメッシュを三角形要素で生成する手順について学習します。

[JFT100] 要素ごとの材料割り当て

本資料では、ある部品の要素ごとに異なる材料を設定し、要素ごと材料指定が異なる複数のケースを作成する手順について学習します。

[JFT092] メッシュモデルのスキュー変形

本資料では、メッシュモデルに対してスキュー変形を適用する手順について学習します。

[JFT086] 可変サイズの積み上げメッシュの生成

本資料では、積み上げ方向に粗密を付ける設定を行い、積み上げメッシュを生成するまでの手順について学習します。

[JFT085] 回転周期メッシュの詳細設定

本資料では、回転周期メッシュの詳細設定からメッシュの生成を行うまでの手順について学習します。

[JFT074] 補正法とアダプティブメッシュによる高精度電磁力計算

本資料では、コイルと磁石間にはたらく電磁力を精度よく計算する方法を学習します。

[JFT016] 部品ごとのメッシュ生成手法の制御

本資料は、積み上げ方向機能を使用して、部品ごとにメッシュ制御する方法を学習します。

[JFT005] 空気領域のメッシュ粗密制御

本資料では、リアクトルの巻軸周囲の空間領域のメッシュの粗密制御を通して、本機能の使い方を学習します。

ユーザーサブルーチン

[JFT073] ユーザーサブルーチンを用いた誘導加熱のワークの温度をフィードバックした電流制御

本資料ではユーザーサブルーチンを用いて、コイルの電流振幅を操作量としワークの表面温度を制御する方法を学習します。

[JFT111] 任意運動の考慮

本資料では、電気機器の可動部に任意運動を考慮する方法について学習します。

[JFT055] サブルーチンを用いた可変磁石の解析

本資料では、サブルーチンを用いた可変磁石の解析方法について学習します。

[JFT010] ユーザサブルーチンのパラメータ登録機能

本資料では新機能の設定方法とユーザーサブルーチンの記述方法について学習します。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧