機能チュートリアル

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. [JFT054] ステータにはたらく電磁力の空間モード

    電磁振動の分析を行う際には、電磁力が持つ周波数成分だけでなく、その空間的な分布(空間モード)を確認することも重要です…

    2018-09-27

  2. [JFT056] ティース加振力、トルクリップルの出力(2次元) スクリプト…

    JMAGでは、回転機のモデルのトルクリップル(トルクから平均値を差し引いた値)および全ティースの加振カを出力することが可…

    2018-09-20

  3. [JFT055] サブルーチンを用いた可変磁石の解析

    可変磁石の特徴は、与える磁場により磁力を減磁、増磁させコントロールできることです。JMAGでは、サブルーチンを用いること…

    2018-07-09

  4. [JFT049] FEMコイル条件のグループ化

    JMAGでは、回路上のFEMコイル素子1つにつきFEMコイル条件が1つ必要です。重ね巻きや波巻きのようにFEMコイル素子が多数ある場…

    2018-07-09

  5. [JFT048] ブラシ・整流子素子

    JMAGでは、モータにおけるブラシと整流子を、回路素子を使用してモデル化します。本資料では、ブラシ・整流子素子の使用方法…

    2018-07-09

  6. [JFT047] JMAG-Designerで行う電流制御を考慮した高調波損…

    磁気設計において過渡的な応答特性を評価するためには、基本特性だけでなく、制御系の考慮を必要とする場合があります。特に…

    2018-07-09

  7. [JFT045] CADデータ更新時の設定継承

    JMAG-Designerでは、CADソフトで作成した形状をインポート機能で読み込むことができます。読み込んだ形状をCADソフトで修正し…

    2018-07-09

  8. [JFT044] SSHを使用したプリポストとソルバーの並列分散処理

    パラメトリック解析など計算数が多くなる場合、結果を早く得るために効率良く計算すことが要求されます。効率良く計算する方…

    2018-07-09

  9. [JFT053] 解析テンプレートを使用した磁石の磁化方向の継承

    同じ解析内容を異なるモデルで実施する場合や熟練者が作成した設定を初心者の方に継承する場合、新しいモデルに手動で条件を…

    2018-05-15

  10. [JFT052] 形状テンプレートを使用したモータ形状の作成

    解析で使用する形状をテンプレートにしておくことは、社内で共有することや再利用することで作業時間の短縮に繋がります。JMA…

    2018-05-15

  11. [JFT051] 形状テンプレートの作成とその利用

    解析で使用する形状をテンプレートにしておくことは、社内で共有することや再利用することで作業時間の短縮に繋がります。JMA…

    2018-05-15

  12. [JFT050] 指定したスタディをプロジェクトから出力する方法

    複数のモデルやスタディを持つプロジェクトは、データ容量が大きくなり、プロジェクトを開く時や保存に時間を要することがあ…

    2018-05-15

  13. [JFT046] 解析テンプレートを使用した解析グループの継承

    同じ解析内容を異なるモデルで実施する場合や熟練者が作成した設定を初心者の方に継承する場合、新しいモデルに手動で条件を…

    2018-05-15

  14. [JFT043] 過渡応答解析で得られた分布量の周波数フィルター計算

    複雑な現象を理解する際、特定の周波数成分に着目して解析結果を確認することが有用な場合があります。JMAGでは、過渡応答解…

    2018-03-16

  15. [JFT041] 結果データを使用した簡易スキュー計算

    モータに施したスキューの影響を詳細に考慮するためには、3次元解析を行う必要があります。しかし、3次元解析は解析規模が大…

    2018-03-16

  16. [JFT040] 分布量の結果を使用した任意の出力項目の作成

    解析結果を評価する場合、単純に磁界の分布を確認するのではなく磁石にかかる反磁界として確認するなど、物理量の見方を変え…

    2018-03-16

絞込み検索