モジュール一覧

モジュール 概要 出力 PSL
対応
教育機関
向け対応
Pre/Post プリポスト
JMAGの中心に位置するプログラムです。
形状作成から結果分析まで、計算以外のすべてをこのモジュールで行うことができます。形状エディタや自動メッシュ、解析テンプレートなど利便性の高いツールも含まれています。
また、応用機能であるパラメトリック解析や最適化機能、モータ特性評価ツールJMAG-Expressも搭載しています。
ST 磁界静解析(2次元、3次元、軸対称)
電流などの起磁力やモデルの運動など、解析対象が時間的に変化しない状態での磁界解析を行うことができます。磁界静解析の断面解析も含まれます。
線形および非線形材料を扱うことができます。
磁界/磁化/磁束/磁束密度/電流/ベクトルポテンシャル/保磁力/着磁率/トルク/電磁力/ローレンツ力/パーミアンス係数 など
TR 磁界過渡応答解析(3次元)
電流などの起磁力やモデルの運動など、解析対象が時間的に変化する状態での3次元磁界解析を行うことができます。
材料の非線形性も厳密に扱うことができます。
回転運動や並進運動を扱うこともできます。
磁界/磁化/磁束/磁束密度/電流/電流密度/ベクトルポテンシャル/保磁力/着磁率/トルク/電磁力/蓄積エネルギー/ローレンツ力/電圧/電流/パーミアンス係数/変位/渦電流密度/渦電流損失 など
FQ 磁界周波数応答解析(2次元、3次元、軸対称)
電流などの起磁力が正弦波変化する状態での磁界解析を行うことができます。磁界周波数応答解析の断面解析も含まれます。
材料特性としては線形性を仮定しますが、非線形データを与えることにより擬似的な非線形解析およびヒステリシスループを考慮した解析が可能です。
磁界/磁化/磁束/磁束密度/電流/電流密度/ベクトルポテンシャル/トルク/電磁力/蓄積エネルギー/ローレンツ力/渦電流損失/電流/電圧 など
DP 磁界過渡応答解析(2次元、軸対称)
電流などの起磁力やモデルの運動など、解析対象が時間的に変化する状態での2次元磁界解析を行うことができます。
FEMとBEMの結合解法を利用する場合、空間部分のメッシュ分割は不要になります。
材料や運動については3次元解析と同様に扱うことができます。
磁界過渡応答解析で断面解析機能を使用する場合もこのライセンスが必要です。
磁束密度/磁束/電磁力/磁化/入力電流密度/入力電流損失/渦電流密度/渦電流損失/ローレンツ力/電流/電圧
HT 熱解析(3次元)
熱解析を行うことができます。
温度分布に時間的変化が見られない定常状態を解析する「定常解析」および温度分布が定常に達するまでの過渡状態を解析する「非定常解析」のどちらも可能です。
磁界解析モジュールとの連成解析を考慮して作られているので、磁界解析によって得られた渦電流損失などを入力とした連成解析が簡単にできます。
温度/熱流束/接触熱抵抗/熱伝達係数/変位 など
EL 電界解析(3次元)
電界解析を行うことができます。
電荷や電位が時間的に変化しない状態を解析する「静解析」、電位が時間に対して正弦波的に変化する状態での単一周波数に関して解析する「周波数応答解析」、電気伝導率や電位などから定まる導体中の電流分布を求める「電流分布解析」が可能です。
電界/表面電界/電磁力/電流密度/誘電損失/表面電荷密度 など
DS 構造解析(2次元、3次元)
構造解析を行うことができます。
構造物の形状および剛性などから定まる固有値を求める「固有モード解析」、大きさが時間変動しない静的な荷重が作用した状態の変位や応力を求める「静解析」、定常加振状態にある構造物の応答を求める「周波数応答解析」が可能です。
さらに、磁界解析によって得られた電磁力や熱解析によって得られた温度を荷重として考慮する「過渡応答解析」を行うこともできます。
変位/加速度/応力/ひずみ/塑性ひずみ/音圧/固有モード など
LS 鉄損解析
磁界解析から算出された磁束密度等の結果をもとに鉄損を算出することができます。
鉄損解析ソルバーによる鉄損解析は、磁界解析の結果を利用しています。そのため、磁界解析のソルバーライセンス(ST、TR、DP、FQ)のいずれかが必要です。
鉄損/ヒステリシス損/ジュール損/異常渦電流損失/古典的渦電流損失 など
CB 任意点での磁界・電界計算
磁界解析や電界解析の結果に含まれる磁化ベクトル、電流密度、ビーム電流、電荷のデータを利用して、指定した位置(空気中)での磁束密度、電界を積分法で計算することができるツールです。
このツールでは、磁界解析のソルバーライセンス(DP、TR、FQ、ST)もしくは電界解析のソルバーライセンス(EL)を使用して出力された結果ファイルが必要です。
磁束密度/電界
RT 回路/制御シミュレータ用プラントモデル生成ツール
JMAGのFEM解析で磁気飽和などを考慮したモータ特性を算出し、その結果を回路/制御シミュレータ専用のファイル形式(*.rtt)で出力することができます。それにより、モータの特性を考慮した高速な回路/制御シミュレーションが可能です。
また、JMAG-RT Viewerを利用して、JMAG-RTモデルを用いたトルク速度曲線の作成と表示をすることもできます。
ビヘイビアモデル/トルク・インダクタンステーブル
PI バスバーインダクタンス計算
磁界解析または電流分布解析のJCFファイルを利用して、導体の自己インダクタンスや相互インダクタンスを計算することができるツールです。
このツールでは、磁界解析のソルバーライセンス(FQ)か電界解析のソルバーライセンス(EL)を使用して出力された入力ファイルが必要です。
部分インダクタンス/全体インダクタンス/抵抗
PA2 並列計算機能(共有メモリ型(SMP)、高並列分散メモリ型(MPP)、ハイブリッド型(SMP+MPP))
共有メモリ型並列計算(SMP)機能および高並列分散メモリ型並列計算(MPP)機能を使用することができます。デスクトップからクラスター、クラウドコンピューティングなどの並列処理により短時間で解を得ることができます。なお、旧GPUソルバーによる GPU(Graphics Processing Unit)の使用も含まれます。
Efficiency Map JMAG-RTモデルを用いた効率マップの作成と表示
JMAG-RT Viewerを用いて、RTTファイルを元に効率マップを描くことができます。
効率/鉄損/銅損マップ
Ld/Lqマップ
トルク速度曲線(N-T)
d/q軸電流-速度曲線 (N-Id/Iq)
電流振幅-速度曲線 (N-Iam)
TS トランス解析
トランス、リアクトル、インダクタなどに特化した電磁界解析を実行することができます。
コア・ボビン・巻線を選択することで3次元の解析モデルを作成することができます。また、その解析モデルを使用し、リッツ線を含む巻線損失を、表皮・近接効果を考慮した上で高速に解析することができます。
トランス解析では、設定内容によって解析の種類が自動的に選択されますので、磁界解析のソルバーライセンス(TR、DP、FQ)のいずれかが必要です。
巻線インダクタンス
巻線直流抵抗
リモート
メッシュ
リモートマシンを使用したメッシュ生成のバッチ実行機能
リモートマシンを使用してバックグラウンド実行により自動メッシュ生成をすることができます。
自動メッシュ生成とは、JMAG-Designerによるメッシュ生成のことです。バックグラウンド実行の場合、メッシュ生成中もJMAG-Deisignerを操作することができます。
GPU 新GPUソルバー
GPU(Graphics Processing Unit)を使用して、より高速に計算するための新しいソルバーです。
ABAQUS
Interface
JMAGとAbaqusを連成することができます。具体的には以下が可能です。
・Abaqusの応力分布や変位をJMAGの磁界解析や構造解析で利用
・Abaqusファイルへの電磁力や発熱の設定
・JMAGとAbaqusとの双方向連成解析
LMS Virtual.Lab
Interface
Virtual.Labへの電磁力設定をエクスポートすることができます。
このツールでは、磁界解析のソルバーライセンス(TRかDP)を使用して出力された結果ファイルが必要です。
MpCCI
Interface
MpCCIと連携することができます。
3D-IGES
Interface
IGES形式の3Dデータをインポートすることができます。
CREO(Ex: Pro/Engineer)
Interface
Creo Parametric(Pro/ENGINEER)形式のデータをインポートすることができます。
設定を保持したまま形状変更が可能です。
(JMAGで寸法パラメータを変更すると、CADを介して形状が変更
変更後の形状には、変更前の設定が引き継がれます。)
CATIA-V4
Interface
CATIA V4で作成されたデータをインポートすることができます。
CATIA-V5
Interface
CATIA V5 で作成されたデータをインポートすることができます。
設定を保持したまま形状変更が可能です。
(JMAGで寸法パラメータを変更すると、CADを介して形状が変更
変更後の形状には、変更前の設定が引き継がれます。)
NX
Interface
NXで作成されたデータをインポートすることができます。
設定を保持したまま形状変更が可能です。
(JMAGで寸法パラメータを変更すると、CADを介して形状が変更
変更後の形状には、変更前の設定が引き継がれます。)
Parasolid
Interface
Parasolid形式のデータをインポートすることができます。
Solidworks
Interface
SOLIDWORKSで作成されたデータをインポートすることができます。
Solid Edge
Interface
SolidEdgeで作成されたデータをインポートすることができます。
STEP
Interface
STEP形式のデータをインポートすることができます。
Inventor
Interface
Inventorで作成されたデータをインポートすることができます。

※パワーシミュレーションライセンス(PSL)について:
パワーシミュレーションライセンス(PSL)はパラメトリック解析、最適化、JMAG-RTなどの多ケース計算専用の有償ライセンスです。
1ライセンスで、1ジョブに含まれるケースを最大100個まで同時に実行できます。
クラスタを利用した大規模分散実行でもご使用いただけます。

※CADシステムとの連携に関しては、動作環境をご覧ください。