うず電流式ロータポジションセンサ

スミダ電機株式会社 モジュール/エネルギービジネスユニット
清水 誠二、菊池 貴行、マーカス シュメラー

概要

HEV,EVの駆動モータ用にうず電流式ロータポジションセンサを開発した。このセンサはレゾルバと同じように、同期モータのロータ角度情報の検出に用いられる。大口径ロータのモータに対しても、センサ自体は小型、軽量であり、磁気歪に対して影響を受けにくいことが実証された。セグメント形状のセンサモジュールは、モータに実装するにあたり、高い自由度を提供する。また取り付けも容易で、かつメインテナンス性に優れ、機械的な誤差に対してもロバストな特性を示す。この技術独自の特徴は、対応する要求をもつアプリケーションによっては非常に有利である。本稿では、その動作原理、シミュレーション結果、実装レイアウト、アプリケーション例について解説する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ