磁界CAEを用いたアドバンストキーレス開発

マツダ株式会社 電子開発部
吉田 俊秀

概要

車の利便性を高める商品として,アドバンストキーレスシステムやイモビライザシステムなどの,磁界通信を用いたシステムの導入をマツダは進めてきた。これらシステムの通信性能を確保するためには,磁界送信用のコイルアンテナ(以下LFアンテナ(LF: Low Frequency))を,車両の適切な場所にレイアウトする必要がある。従来は,試作車を用いて実験的にLFアンテナのレイアウト設計を行ってきたが,試作車レス開発に対応すべく,バーチャル評価による通信性能開発が必要となってきた。今回,磁界シミュレーション(以下CAE)技術を用いて,これらシステムの通信性能を机上で検証可能な技術を開発した。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ