磁界

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. [W-MA-49] 漂遊負荷損失解析の必要性とアプローチ

    損失の主要成分は動作点によって異なる。その成分の一つとして漂遊負荷損失が挙げられる。物理現象としての漂遊負荷損失は機器内の部品に生じる渦電流によって生じるが、鉄損、銅損、機械損と…

  2. [JAC219] アキシャルギャップ型モータのコギングトルク解析

    ここでは、アキシャルギャップ型モータのコギングトルク解析の事例を示しています。

  3. [JAC203] 電力用変圧器の無負荷試験解析

    ここでは、JMAGで無負荷試験の解析を行う場合のモデル化とそこから得られる鉄損分布、電流、励磁コンダクタンス、励磁サセプタンスを求めています。

  4. [JAC018] IPMモータの熱解析

    ここでは、モータ全体の損失分布を求めるために損失解析と温度分布を評価する熱解析モデルを作成し昇温過程を解析することで、モータの温度分布を評価します。

  5. [L-OP-25] クラウド環境でのJMAGの活用

    CAEにおけるクラウドサービスの提供が進んでいます。必要なタイミングで十分な計算リソースを利用して解析業務を行うことができます。JMAGはいくつかのクラウドサービス上でお使いいただけます…

  6. [JAC262] Dy拡散磁石の不完全着磁を考慮したIPMモータの熱減磁解析

    ここでは、Dy拡散磁石を用いたモータにおいて、保磁力分布を持つDy拡散磁石の不完全着磁時の熱減磁耐性を解析します。

  7. [JAC205] 熱等価回路を用いたIPMモータのトルク特性解析

    ここでは、熱等価回路を利用した磁界解析を行い、磁石の減磁による平均トルクの変化を確認します。

  8. ヤンマーホールディングス株式会社

    2012年に創業100年を迎え、2016年に『A SUSTAINABLE FUTURE -テクノロジーで、新しい豊かさへ。-』という新たなブランドステートメントを策定。“未来に繋がる持続可能な資源の循環、社会を実…

  9. [W-MA-67] 積層鋼板渦電流損失解析における形状端部効果について

    本ホワイトペーパーではこの分析結果をもとに,2次元+1D法が精度を落とす場面を明確にし,今後取り組むべき課題を示す。

  10. [W-MA-100] ⾼精度損失評価のための電磁鋼板詳細解析⼿法のご紹介

    ここでは渦電流の影響調査に焦点を絞るため、磁界解析では初磁化(直流磁化)曲線を用い、磁気ヒステリシスは考慮していない。

  11. [JAC222] 不完全着磁磁石の不可逆熱減磁解析

    ここでは、組み込み着磁した磁石の温度を変えて解析を行い、トルク波形や磁束密度分布への影響を評価します。

  12. [JAC235] リアクトルのコア漂遊損解析

    ここでは、リアクトルのコア漂遊損解析の事例についてご説明します。

  13. 高雄工業株式会社/ティーケーエンジニアリング株式会社

    1974年の創業以来、自動車部品、産業用機械部品、EV(電気自動車)部品、精密機械部品等の製造を行う金属加工メーカーです。近年は、金属3Dプリンターによる受託造形と高周波熱処理技術の開発で…

  14. [JAC273] 交流損失を考慮したIPMモータの効率マップ作成

    ここでは、PWMによる交流損失を考慮したIPMモータの効率マップを作成し、交流損失を考慮しない場合の効率マップと比較しています。

  15. [JAC267] 密度法を使用したIPMモータのトポロジー最適化

    ここでは、磁界と構造の連成解析を実施し、ロータコアの強度を考慮しながら、密度法を使用したトポロジー最適化を用いて、平均トルクを最大化するロータ形状を探索します。

  16. [JAC138] SRモータの振動解析

    ここでは、SRモータを対象にステータコアに発生する電磁力を求め、モータの固有モードと連成させることにより音圧を評価する事例を示します。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して