静解析から動解析への挑戦 ~過渡応答解析導入のメリット~

株式会社三英社製作所
阿久津 稔尚

概要

弊社は高圧開閉器を主製品とし、その駆動源としてソレノイドを使用している。
このソレノイドの設計にJMAGの静磁場解析を用いているが、実際に使用する回路との相違・コストダウンを目指すための新たな形状検討を進める将来を見据えて、過渡応答解析の追加導入を行った。
今回の導入に伴う「増設(追加導入)の検討」「導入後のメリット」「ソレノイド設計における検討幅の拡がり」など、モジュールの選定/見極めでの経験と今後の展望を紹介していく。

講演論文を閲覧いただくには、会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。サインインまたは、会員登録が必要です。
会員登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン  

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ