[JFT055] サブルーチンを用いた可変磁石の解析

サインイン するとデータがダウンロードできます
Remember me
サインイン

※ライセンス管理者に案内をしているライセンスIDとパスワード、もしくはユーザーIDをご用意ください。
※尚、JMAG WEB MEMBER(無料会員)向けのサービスとは異なります。ご注意ください。
JMAG WEBサイトの認証IDに関して

はじめに

可変磁石の特徴は、与える磁場により磁力を減磁、増磁させコントロールできることです(図a)。JMAGでは、サブルーチンを用いることで可変磁石の解析を行うことができます。
本資料では、サブルーチンを用いた可変磁石の解析方法について学習します。

コイルに流す電流を変えることで、可変磁石を完全着磁、完全脱磁させています。
完全脱磁では、ステータに流れる磁石磁束量が減少していることが分かります。

図a 可変磁石の使用例(メモリモータ)

キーワード

可変磁力モータ、メモリモータ、残留磁束密度、サブルーチン、可変磁束、可変磁力、可変磁石

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧