[JFT079] 並進運動モデルへの拡張スライドの適用方法

手順・サンプルデータ

概要

JMAG-Designerでは拡張スライド機能を使用することで、エアギャップが平面以外の複雑な形状であっても、運動方向に対して等間隔で規則的なメッシュを生成することができます。
本資料では、並進運動モデルへの拡張スライドの適用方法を学習します。

絞込み検索

  • カテゴリー一覧