[JFT099] マニュアルメッシュとオートメッシュの混合

データをダウンロードするには、ライセンスIDもしくはユーザーIDが必要です。

手順・サンプルデータ

はじめに

有限要素法では、四角形や六面体要素を使用することで解析精度が得られやすいです。一方で、これらの要素タイプは形状表現能力に乏しく、複雑な形状に対して自動でメッシュを生成することは難しくなります。JMAG-Designerではあらかじめ精度を得たい部品に四面体や六面体要素を生成しておき、他の部品はオートメッシュを使用してメッシュを生成することが出来ます。
本資料では、形状エディタで一部の部品に四角形要素を設定したメッシュモデルをJMAG-Designer上に読み込み、その他の部品のメッシュを三角形要素で生成する手順について学習します。

キーワード:マニュアルメッシュ、メッシュモデル

図a 混合メッシュ生成の詳細

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧