[JFT127] 計算実行時の並列計算の設定変更

データをダウンロードするには、ライセンスIDもしくはユーザーIDが必要です。

手順・サンプルデータ

はじめに

求められる解析精度の向上に伴い、解析モデルの要素数も増加する傾向にあります。そのような大規模モデルの計算では、多コアやGPUを用いた並列計算が有効です。JMAGでは、単一ノードの多コアを使用する共有メモリ型(SMP)、1つまたは高速なネットワークで接続された複数ノードの多コアを使用する高並列分散メモリ型(MPP)、マシンに搭載されているGPUを用いた並列計算が可能です。並列計算の種類や使用するコア数は事前に設定することもできますが、マシンのリソース状況に応じて計算実行時に指定する運用も考えられます。
本資料では、計算実行時に並列計算の設定を変更する手順について学習します。

キーワード

並列計算、SMP、MPP、GPU、計算実行時、設定変更

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧