[JFT139] コイルテンプレートと巻線エディタを使用したアキシャルギャップ型回転機のコイルモデリング

サインイン するとデータがダウンロードできます
Remember me
サインイン

※ライセンス管理者に案内をしているライセンスIDとパスワード、もしくはユーザーIDをご用意ください。
※尚、JMAG WEB MEMBER(無料会員)向けのサービスとは異なります。ご注意ください。
JMAG WEBサイトの認証IDに関して

はじめに

アキシャルギャップ型モータや発電機の解析において、コイルが作り出す磁束の影響や交流銅損を考慮するために、コイル形状を詳細にモデル化することがあります(図a)。JMAGでは、パラメータを設定するだけで、アキシャルギャップ型モータのコイル形状を作成することが可能です。また、巻線エディタを使用し簡単に条件設定が行えます。
本資料は、アキシャルギャップ型モータのコイル形状の作成および条件の設定方法を学習します。


図a コイル形状を詳細にモデル化したアキシャルギャップ型モータ

キーワード

コイルテンプレート、アキシャルギャップ型、モータ、発電機、形状エディタ、巻線エディタ、巻線設定

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧