[JFT151] ビームを用いたコイルの作成方法

サインイン するとデータがダウンロードできます
Remember me
サインイン

※ライセンス管理者に案内をしているライセンスIDとパスワード、もしくはユーザーIDをご用意ください。
※尚、JMAG WEB MEMBER(無料会員)向けのサービスとは異なります。ご注意ください。
JMAG WEBサイトの認証IDに関して

はじめに

コイルエンドの影響を考慮した解析を行いたい場合、3次元解析において複雑な形状のコイルをソリッド形状でモデリングすると、要素数の増加や収束性の悪化の懸念があります。
JMAGでは複雑な形状のコイルをビームで表現し、コイルに線電流を与えることで、要素数削減や収束性の改善が期待できます。
本資料では、磁界解析において線電流条件を使用した計算を学習します。

図a ビームで表現されたコイル形状

キーワード

ビーム、コイルテンプレート、モータ、形状エディタ、線電流条件、電流ベクトル、座標指定パス

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧