電磁場解析の高速化に関する諸技術

京都大学 岩下 武史

概要

近年、電磁場解析のプラットフォームはマルチコアプロセッサによる並列計算環境に移行しつつある。そこで、これらのマルチコアプロセッサにおいて電磁場解析が高速化されうるのかどうか、いくつかの数値実験データを例に述べる。また、並列処理のみならず、特に有限要素電磁場解析において重要な線形ソルバーの高速化について、マルチグリッド法やIDR(s)法を利用した電磁場解析について紹介する。最後に、今後の電磁場解析の高速化に関する簡単な展望を述べる。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録 サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ