大規模計算

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. [W-MO-114] 効率マップ測定比較

    本稿では、シミュレーションで求めた効率マップと実測の効率マップの比較を行い、シミュレーションによる効率マップの精度を検証した。また、効率マップに対する損失発生要因の寄与度を評価し…

  2. [JFT106] ベクトルポテンシャル境界条件を使用した多段階解析

    本資料では、ベクトルポテンシャル境界条件を用いた多段階の解析を実行する方法を学習します。

  3. [W-SE-72] 時間周期補正法による定常解高速解法

    渦電流解析など時定数が大きい問題において、定常解を得るために多くの時刻ステップを必要とする。この対策として、時間周期有限要素法(TP-FEM法)が提案されている。

  4. [W-MO-17] 四面体・五面体の混合メッシュを利用したオルタネータ解析

    本稿では計算時間を短縮するための効果的なメッシュを行うため、四面体・五面体の混合メッシュを取り上げ、これまでの四面体メッシュを用いて解析を実施した場合の計算時間と精度の比較、混合…

  5. 塊状磁極形同期電動機(SM)の磁極表面損と温度上昇に関する解析

    東芝三菱電機産業システム株式会社 小杉 優介

  6. 大形変圧器の三次元磁界解析の収束性改善

    株式会社明電舎 伊藤 泰久

  7. 電力制御用可変インダクタの鉄損評価に関わる検討

    株式会社電力計算センター 関場 陽一

  8. PSLを活用したトラクションモータの設計

    日本電産株式会社 上田 智哉

  9. [L-HU-08] 複雑な3次元モデルも短時間でFEAモデルへ

    部品数に比例して増加していた処理を並列化して行うことで、メッシャの処理速度を上げ、メッシュ生成時間を大幅に短縮させました。生成時間の短縮により、解析対象の周囲部品の取り込みやコイ…

  10. [JFT074] 補正法とアダプティブメッシュによる高精度電磁力計算

    本資料では、コイルと磁石間にはたらく電磁力を精度よく計算する方法を学習します。

  11. [L-SE-117] 不整合メッシュへの対応

    有限要素法を用いた解析では、運動領域と静止領域の接続面のメッシュを整合させます。そのためには、ステップ移動量がメッシュ分割の整数倍となるように調整します。例えば、PWMキャリアを考慮…

  12. [W-HU-71] JMAG並列ソルバの性能評価とハードウェア選定の注意点

    計算時間短縮に不可欠な並列ソルバには、ハードの進歩に合わせて適切なアルゴリズムを用いることが求められる。共有メモリ型並列ソルバ(SMP)はバージョン16.1から、分散メモリ型高並列(MPP)ソ…

  13. [L-HU-01] 高並列ソルバで回転機の複雑な現象をありのまま解析

    JMAGの高並列ソルバは、実用時間内での3次元解析を実現します。例えば、100万要素のモータモデルを1ステップ1分(1コアで30分)で解く、コイルエンドを含む素線をモデル化した3次元解析を1日(…

  14. [W-MO-13] 3次元形状を考慮した2次元ブラシモータ解析の検討

    本事例では、3次元解析モデル(3Dモデル)との比較を通して、三次元形状を考慮した2次元解析モデル(2Dモデル)構築の検討を行った。これらの結果の比較を通してモデル化の妥当性も示す。

  15. [W-MO-12] 2次元モデルと3次元モデルにみる同期インピーダンスの比較評価

    本事例では2次元モデルと3次元モデルの解析から得られる同期インピーダンスの比較を中心に、両モデルの差異を明らかにするとともに、いずれの解析結果も材料の非線形性に強く依存していること…

  16. [W-MA-49] 漂遊有負荷損失解析の必要性とアプローチ

    損失の主要成分は動作点によって異なる。その成分の一つとして漂遊負荷損失が挙げられる。物理現象としての漂遊負荷損失は機器内の部品に生じる渦電流によって生じるが、鉄損、銅損、機械損と…

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧