トランス解析機能によるリッツ線の解析精度評価

するとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

株式会社豊田自動織機 エレクトロニクス事業部 技術部 壁谷 真人

概要

車載電源機器の小型化が求められており、背反として生じてくる熱の問題に対処するため、損失の低減や放熱性の向上が重要な設計課題になっている。
巻線損失の低減にはリッツ線が有効だが、100本以上の巻線をモデル化して解析することは不可能に近い。現実的には、より線の効果を近似的に与えるトランススタディの機能を活用することになる。
本講演では、ギャップ長などの設計パラメータを振ったときの巻線抵抗を評価した内容について報告する。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ