トランス・リアクトル

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. [W-SE-72] 時間周期補正法による定常解高速解法

    渦電流解析など時定数が大きい問題において、定常解を得るために多くの時刻ステップを必要とする。この対策として、時間周期有限要素法(TP-FEM法)が提案されている。

  2. 大形変圧器の三次元磁界解析の収束性改善

    株式会社明電舎 伊藤 泰久

  3. 電力制御用可変インダクタの鉄損評価に関わる検討

    株式会社電力計算センター 関場 陽一

  4. [L-HU-08] 複雑な3次元モデルも短時間でFEAモデルへ

    部品数に比例して増加していた処理を並列化して行うことで、メッシャの処理速度を上げ、メッシュ生成時間を大幅に短縮させました。生成時間の短縮により、解析対象の周囲部品の取り込みやコイ…

  5. 151 – 電力用変圧器の絶縁評価解析

    ここでは、落雷や短絡時を想定し、巻線間に想定される最大電圧をかけた際の電界強度分布を求めます。

  6. 254 – 油入大型変圧器の振動解析

    ここでは、大型変圧器の電磁加振力による振動を評価した事例を紹介します。大型変圧器は油冷となるため、部品周囲の流体である油を弾性体として近似して扱うことが本事例の特徴です。なお、加…

  7. [W-HU-71] JMAG並列ソルバの性能評価とハードウェア選定の注意点

    計算時間短縮に不可欠な並列ソルバには、ハードの進歩に合わせて適切なアルゴリズムを用いることが求められる。共有メモリ型並列ソルバ(SMP)はバージョン16.1から、分散メモリ型高並列(MPP)ソ…

  8. [W-MA-100] 高精度損失評価のための電磁鋼板詳細解析手法のご紹介

    電磁鋼板は電気機器の性能を左右する重要な要素の1つであり、高精度な損失評価が求められている。従来、磁界解析で得られた磁束密度波形を用いて後処理として鉄損解析を行う手法が普及している。

  9. [W-TR-15] 均質化法に基づく変圧器遮蔽板の損失評価

    本稿では遮蔽板の電磁鋼板を1枚ごとにモデル化するのではなく、磁気的、電気的に等価な材料に置き換えた均質化法を適用することで、現実的なメッシュモデルを提案し、解析を行ったので下記に報…

  10. ズーミング解析を使用した分路リアクトルの巻線損失解析

    株式会社明電舎 伊藤 泰久

  11. 並列計算処理による大型変圧器の3 次元磁界解析

    富士電機株式会社 林田 広和

  12. [W-SE-99] SMP ソルバーによる磁界解析の⾼速化

    概要磁界解析を⾼速に⾏うための⼿段の⼀つとして、並列ソルバーがある。JMAG には、お使いのコンピュータでもスイッチ⼀つですぐに利⽤できる、SMP 並列ソルバーが搭載されている。並列ソルバ…

  13. [W-SE-94] 三次元ソリッドモデルの自動メッシュ生成の速度改善

    概要計算機の目覚ましい性能向上に後押しされ、磁界解析の大規模化が進んでいる。設計開発現場における、大規模解析をより短時間で行いたいというニーズに答えるため、JMAGには高性能並列ソル…

  14. 221 – 磁性めっき線チョークコイルの高周波抵抗値低減効果の確認

    ここでは、JMAGの皮膜メッシュ機能を使用したチョークコイルの銅損失解析の結果から高周波抵抗値を求め、磁性めっき線を使用したコイルの抵抗値低減効果を確認します。

  15. 235 – リアクトルのコア漂遊損解析

    ここでは、リアクトルのコア漂遊損解析の事例についてご説明します。

  16. 202 – 電力用変圧器のコア漂遊損失解析

    ここでは、漂遊損失を評価する際に行う短絡試験をモデル化して解析を行い、巻線に隣接したコアの漂遊損失分布を求めています。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧