地球低軌道における超小型衛星の磁気姿勢外乱トルクに関する検討

東京大学 大学院 工学系研究科 航空宇宙工学専攻
稲守 孝哉

概要

近年、少ない開発コストや短い開発期間という特徴を持つ超小型衛星において、リモートセンシングや天文観測など多種にわたるミッションへの応用が検討されている。これらの衛星は高い分解能の地球画像や科学的に意義あるサイエンスデータの取得を目的としているため、観測中は高い姿勢制御精度が要求される傾向にある。高精度な姿勢制御を達成するためには、衛星の開発や運用において姿勢外乱についてよく検討しておく必要がある。特に磁気姿勢外乱トルクは通常サイズの衛星ではあまり考慮されないケースもあるが、超小型衛星では支配的な姿勢外乱であり、衛星に働く外乱トルクの解析が重要となっている。本発表では衛星の生じる磁気姿勢外乱トルクについて解析事例について紹介する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ