[L-OP-35] MATLAB m-fileでJMAG-Designerをコントロール

概要

エンジニアリング業務においてMATLABは幅広く使われており、様々な処理がMATLAB m-fileで記述されます。JMAGのスクリプトコマンドはMATLABのm-file上でも利用可能です。これによりm-fileで処理されるエンジニアリング処理の中で直接JMAGを呼び出しコントロールすることができます。
JMAGの起動、材料・条件の設定などの一連の操作を自動化し、結果の分析や表示をMATLAB上で行うことができます。

続きを読むには、会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。サインインまたは、会員登録が必要です。
会員登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン  

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧