RT

回路/制御シミュレータ用モータモデル生成 (JMAG-RT)

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 215 – 制御シミュレータとJMAG-RTを用いたデルタ結線を有するIPMモータのシミュレーション

    ここでは、JMAG-RTモデルとして制御/回路シミュレータへ取り込んで、IPMモータ駆動時の循環電流をモニタリングしています。

  2. [JFT011] 制御シミュレーション時のティース電磁力のモニタリング

    本資料では、JMAG-RTモデル作成時に電磁力や磁束密度など、任意のモデル内部情報を出力するための事前準備、MATLAB/Simulinkの設定、得られる電磁力について説明します。

  3. [JFT077] 任意の回路トポロジを持つJMAG-RTモデル作成

    本資料では、任意の回路トポロジを持つプラントモデル(JMAG-RTモデル)の作成方法を学習します。

  4. 3次元解析を利用したJMAG-RT活用事例

    株式会社ミツバ 田村 夏海

  5. 自動車駆動用誘導電動機の解析方法とその制御方法

    東京工業大学 千葉 明

  6. 力制御型メディカルロボットアームにおける、アクチュエータ低振動化検討

    ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社 福島 哲治

  7. PWMインバータで駆動する永久磁石同期モータの電磁力解析

    日立オートモティブシステムズ株式会社 星野 勝洋

  8. 243 – 制御シミュレータとJMAG-RTを用いたボイスコイルモータの制御シミュレーション

    ここでは、ボイスコイルモータのJMAG-RTモデルを制御/回路シミュレータへ取り込んで、可動子の位置を制御する回路シミュレーションを行っています。

  9. 214 – 回路制御シミュレーションを用いたIPMモータのティースに働くラジアル力のモニタリング

    ここでは、IPMモータをJMAG-RTモデルとして制御/回路シミュレータへ取り込み、動作点(電流位相)を変えながらモータ駆動時のティースに働くラジアル力をモニタリングしています。

  10. 217 – 三相誘導電動機の効率マップ作成

    ここでは、JMAG-RT Viewerを使用し、駆動温度を変更した場合の三相誘導電動機の効率マップを作成しています。

  11. [JFT012] 巻線界磁型同期モータのJMAG-RTモデル作成

    本資料では、巻線界磁型同期モータのJMAG-RTモデルの作成方法、MATLAB/SimulinkでのJMAG-RTモデルを使用した制御シミュレーションの実行方法について学習します。

  12. [RTML-046] ALTERNATOR_01

    型式:ALTERNATOR、ステータ外径:140(mm)、積厚:45(mm)、電源:DC200(V)

  13. [RTML-045] LSM_01

    型式:LSM 出力:2k 電源:DC400(V) ロータ:SPM

  14. [RTML-044] SRM_01

    型式:WFSM 出力:2k ステータ外径:260(mm) 積厚:60(mm) 電源:DC200(V)/20(A)、DC100(V)/10(A) ロータ:WF

  15. [RTML-043] SRM_01

    型式: SRM 出力:0.5k ステータ外径:160(mm) 積厚:75(mm) 電源:DC150(V) ロータ:RM

  16. [RTML-042] SynRM_01

    型式:SynRM 出力:0.01k ステータ外径:150(mm) 積厚:37.5(mm) 電源:DC288(V)/5(A) ロータ:RM 平均トルク(N·m):0.8

絞込み検索

  • カテゴリー一覧