[JFT021] 温度依存性を考慮した保磁力分布と残留磁束密度分布を持つ磁石の作成

データをダウンロードするには、ライセンスIDもしくはユーザーIDが必要です。

手順・サンプルデータ

概要

JMAGでは、粒界拡散合金法を用いた磁石のような、保磁力や残留磁束密度の分布を持つ磁石を作成することが可能です(図a)。また、保磁力と残留磁束密度の分布は温度依存性を考慮できるため、熱減磁の評価も行えます。
本資料は、温度依存性を考慮した保磁力と残留磁束密度を持つ磁石材料を部品に設定する方法を学習します。

図a 保磁力分布を持つ磁石

キーワード:粒界拡散合金法、保磁力分布、残留磁束密度分布、温度依存、磁石

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧