マルチフィジックス

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. [L-MU-91] JMAG/Romax Nexus連携によるEVドライブラインのNVH解析

    NVHはEV/HEVのドライブライン開発における最も重要な課題の一つです。ドライブラインのNVH解析で考慮すべきいくつかの点があります。ドライブラインのNVHを適切に評価するにはモータだけでなく…

  2. 18 – IPMモータの熱解析

    モータの高効率化および高出力化を実現するためには、温度上昇の問題を如何に解決するかが重要となります。温度上昇の問題の解決には、発熱源である損失自体を減らす磁気設計を施す事も重要で…

  3. 208 – 変形を考慮した高周波焼入れの解析 (Abaqus連携)

    車は機械強度が求められる製品であるため、表面熱処理として高周波焼入れが行われます。高周波焼入れでは短時間に歯車表面のみを急速加熱できることから、表面の硬度は高めつつ、内部には靱性…

  4. [JFT083] 多目的ファイル出力ツールのコマンドライン実行による自動化

    本資料は、多目的ファイル出力ツールを自動化する方法を学習します。

  5. [JFT056] ティース加振力、トルクリップルの出力(2次元) スクリプトの使用方法

    本資料では「ティース加振カ、トルクリップルの出力」スクリプトの使い方を学習するため、サンプルデータと操作手順を示します。

  6. 228 – 誘導電動機の熱解析

    ここでは、誘導電動機の温度分布を評価した事例を紹介します。

  7. 251 – オルタネータの振動解析

    ここでは、クローポール型オルタネータを対象にステータコアに発生する電磁力を求め、そのオルタネータの構造解析と連成させることにより加速度を評価します。また、電磁力と固有モードの周波…

  8. 218 – 変形を考慮した高周波焼入れの解析

    ここではJMAGの磁界-熱応力の連成解析機能を用いて、誘導加熱硬化による歯車の変形を評価する解析を行っています。

  9. [JFT073] ユーザーサブルーチンを用いた誘導加熱のワークの温度をフィードバックした電流制御

    本資料ではユーザーサブルーチンを用いて、コイルの電流振幅を操作量としワークの表面温度を制御する方法を学習します。

  10. 220 – 冷却工程を含めた歯車の高周波焼入れ解析

    ここでは、冷却工程までを含めた誘導加熱計算を扱います。冷却条件に応じて歯車の冷却速度に違いが生じる事例を紹介します。

  11. 250 – ローラ電極を有する高周波プレヒータの誘電加熱解析

    ここでは、ローラ電極のピッチが材料(タブレット)の温度分布へ与える影響を評価した事例を紹介します。

  12. 254 – 油入大型変圧器の振動解析

    ここでは、大型変圧器の振動を評価した事例を紹介します。なお、加振源となる部品は主にコア、タンク、巻線となりますが、本事例ではコアとタンクに着目します。

  13. PSL(Power Simulation License)を活用した磁場+構造連携による永久磁石モータの解析

    東芝インフラシステムズ株式会社 松下 真琴 / 株式会社JSOL 中岡 高司

  14. JMAGとSimcenter STAR-CCM+の双方向連成によるレビテーション溶解炉の電磁撹拌解析

    大同特殊鋼株式会社 紙本 朝子 / 株式会社スターインフォテック 井上 晋輔

  15. 電流制御を用いた誘導加熱解析

    光洋サーモシステム株式会社 中田 綾香

  16. 高周波焼入れにおける電磁界-熱応力連成解析と実験検証

    電気興業株式会社 粟田 洋平

絞込み検索

  • カテゴリー一覧