[JFT023] 過渡応答解析で得られた分布量の周波数成分分析

データをダウンロードするには、ライセンスIDもしくはユーザーIDが必要です。

手順・サンプルデータ

概要

複雑な現象を理解する際、特定の周波数成分に着目して解析結果を確認することが有用な場合があります。JMAGでは、過渡応答解析で得られた分布量を周波数領域に変換して分析することができます(図a、表a)。
本資料では、フーリエ変換計算機能を使用して出力された結果をベクトル表示させる方法を学習します。

図a フーリエ変換計算と周波数フィルター計算

表a 分布量の分析機能

機能名 特徴
フーリエ変換計算
  • 時間領域の結果を、周波数領域に変換します。
  • 特定の周波数成分の分布量を評価したい場合に有用です。
周波数フィルター計算
  • 時間領域の結果から、指定した周波数成分のみ抽出し、時間領域で表示します。
  • 特定の周波数成分に対して、時刻毎の分布量を部品の位置関係も含めて評価したい場合に有用です。

キーワード:フーリエ変換計算、フーリエ変換(分布量)、周波数フィルター計算、周波数成分、分布量表示、コンタープロット、ベクトルプロット

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧