DP

2次元及び軸対称過渡応答磁界解析

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 268 – SPMモータティース形状のトポロジー最適化

    on/off法を用いて、ステータティース先端部の領域全体を設計領域とし、平均トルクを最大化、トルクリップルを最小化するステータティース形状を探索します。

  2. [JFT113] SSHを使用した多数ジョブをグループ化した計算実行

    JMAGは、複数のジョブをグループ化してジョブ管理システムに登録することができます。

  3. 273 – 交流損失を考慮したIPMモータの効率マップ作成

    ここでは、PWMによる交流損失を考慮したIPMモータの効率マップを作成し、交流損失を考慮しない場合の効率マップと比較しています。

  4. 205 – 熱等価回路を用いたIPMモータの特性解析

    ここでは、熱等価回路を利用した磁界解析を行い、磁石の減磁による平均トルクの変化を確認します。

  5. 165 – IPMモータの効率マップ作成

    ここでは、 IPMモータの効率マップを作成し、各動作点の損失割合を評価しています。

  6. 230 – 6相SPMモータのインバータ故障シミュレーション

    ここでは、6相SPMのJMAG-RTモデルを制御/回路シミュレータへ取り込んで、インバータ故障時の回路シミュレーションを行っています。

  7. 225 – 可変磁石を用いたメモリモータの誘起電圧解析

    ここでは、メモリモータの可変磁石の磁化状態を三相コイル電流を用いて変化させ、モータ特性の変化を確認します。また、可変磁石のユーザーサブルーチンを用いたモデル化についても1例を紹介し…

  8. 257 – IPMモータのトポロジー最適化

    ここでは、トポロジー最適化を用いて、ロータコアの最大応力と径方向の最大変位を一定値以下とし、トルクリップルを最小化、平均トルクを最大化するロータ形状を設計した後、得られた形状につ…

  9. [JFT054] ステータにはたらく電磁力の空間モード

    本資料では、JMAGで得られた電磁力の解析結果から、ステータにはたらく力の空間モードをレーダーグラフで確認する手順を学習します。

  10. 265 – シンクロナスリラクタンスモータの効率マップ作成

    ここでは、シンクロナスリラクタンスモータの効率マップを作成し、各動作点の損失割合を評価しています。

  11. [JFT110] トポロジー最適化で生じた多数の空孔の影響評価

    本資料では、トポロジー最適化の結果として多数の空孔が生じた際に、空孔の応答値への影響の有無を効率よく分析する方法について学習します。

  12. [JFT109] 効率マップの外部データ取り込みおよび比較

    本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディで、外部データを入力とした効率マップを作成し、効率マップの差分を確認する方法について学習します。

  13. [JFT112] NGnetを用いたトポロジー最適化におけるスクリプトを用いた応答値の定義

    本資料では、Pythonスクリプトを使用して応答値を計算し、目的関数として使用したトポロジー最適化を行う方法について学習します。

  14. 264 – 6相IPMモータの効率マップ作成

    ここでは、 6相IPMモータの効率マップを作成し、各動作点の損失割合を評価しています。

  15. 259 – 最大トルクが得られる電流位相の自動探索とトルク特性評価

    ここでは、3つのロータ形状それぞれに対してトルクが最大となる電流位相を探索します。得られた電流位相を用いてモータの平均トルクおよびトルクリップルを評価します。

  16. [JFT069] JMAG-DesignerとJMAG-RTで行う電流制御を考慮したモータの高調波損失計算

    本資料では、電流制御(PWM制御)されたPMモータの高調波損失をJMAG-RTモデルを用いることで高速に計算する方法を学習します。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧