DP

2次元及び軸対称過渡応答磁界解析

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. [JFT134] 電流波形のスタディ間の継承

    ここでは、ポスト計算スクリプトを用いて2次元解析で得られた電流波形を自動的に3次元解析に設定する方法を学習します。

    • [JFT110] トポロジー最適化で生じた多数の空孔の影響評価

      本資料では、トポロジー最適化の結果として多数の空孔が生じた際に、空孔の応答値への影響の有無を効率よく分析する方法について学習します。

      • [JFT069] JMAG-DesignerとJMAG-RTで行う電流制御を考慮したモータの高調波損失計算

        本資料では、電流制御(PWM制御)されたPMモータの高調波損失をJMAG-RTモデルを用いることで高速に計算する方法を学習します。

      • [JFT042] 早期に定常状態の解を得る方法(時間周期補正)

        本資料では、時間周期補正機能を使用して定常状態を少ない時間ステップで得る方法を学習します。

        • [JFT049] FEMコイル条件のグループ化

          本資料では、FEMコイル条件をグループ化し、マクロ素子の波巻きとの関連付けを行う方法を学習します。

          • [JFT048] ブラシ・整流子素子

            本資料では、ブラシ・整流子素子の使用方法を学習します。

            • [JFT044] SSHを使用したプリポストとソルバーの並列分散処理

              本資料では、プリポストとソルバーを並列処理する設定方法を学習します。

              • [JFT041] 結果データを使用した簡易スキュー計算

                本資料では、スキューグラフ機能を使用したグラフを確認する方法を学習します。

                • [JFT032] 設計変数に対する評価グラフの表示(パラメトリック解析)

                  本資料では、解析で出力した結果を応答値に登録し、その応答値で応答グラフを作成する手順について学習します。

                • [JFT029] 点列を使用したケース追加の手順(パラメトリック解析)

                  本資料では、点列を使用した事前準備の手順について学習します。

                • [JFT023] 過渡応答解析で得られた分布量の周波数成分分析

                  本資料では、フーリエ変換計算機能を使用して出力された結果をベクトル表示させる方法を学習します。

                  • [JFT027] 方程式を使用したケース追加の手順(パラメトリック解析)

                    本資料では、方程式を使用した事前準備の手順について学習します。

                  • [JFT003] 電磁鋼板内部のヒステリシスループ、損失密度分布の評価

                    本資料では、鋼板厚み方向に対する鉄損分布の評価方法について学習します。

                  • [JFT012] 巻線界磁型同期モータのJMAG-RTモデル作成

                    本資料では、巻線界磁型同期モータのJMAG-RTモデルの作成方法、MATLAB/SimulinkでのJMAG-RTモデルを使用した制御シミュレーションの実行方法について学習します。

                  • [JFT112] NGnetを用いたトポロジー最適化におけるスクリプトを用いた応答値の定義

                    本資料では、Pythonスクリプトを使用して応答値を計算し、目的関数として使用したトポロジー最適化を行う方法について学習します。

                  • [JFT015] JMAGとSTAR-CCM+による熱流体を考慮した双方向連携解析の手順 (Ver17.0以降)

                    本資料では、JMAGとSTAR-CCM+による熱流体を考慮した双方向連携解析の設定手順を学習します。

                  絞込み検索

                  • カテゴリー 一覧

                  Remember me
                  サインイン
                  新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して