DP

2次元及び軸対称過渡応答磁界解析

並べ替え条件
新しい順
古い順
Views
  1. [JFT147] パラメトリック解析を用いたルックアップテーブルの作成

    本資料では、JMAG-Designerでパラメトリック解析を行い、MATLABのルックアップテーブルとして登録する手順を学習します。

  2. [RTML-043] SRM_01 3相

    型式:任意モデル 出力:0.5k ステータ外径:160(mm) 積厚:75(mm) 電源:DC150(V) ロータ:RM

  3. [JFT138] ベクトル方程式データの作成とベクトル方程式の利用

    本資料では、解析実行前にベクトル方程式データを作成し、その情報をもとにベクトル方程式を作成する方法を学習します。

  4. 165 – IPMモータの効率マップ作成

    ここでは、 IPMモータの効率マップを作成し、各動作点の損失割合を評価しています。

  5. [JFT145] 並列回路での巻線を任意層に配置する方法

    本資料では、コイルの直並列を設定し、スロット内の配置を切り替える方法を学習します。

  6. [JFT058] JMAG-Designerを用いた効率マップの作成 (速度優先モード)

    本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先)を用いて、効率マップを作成する方法について学習します。

  7. [JFT146] 代理モデルを援用した最適化計算

    本資料では、代理モデルを援用した最適化計算のワークフローとして、学習データの作成、代理モデルの作成、代理モデルを援用した最適化計算の実行方法について学習します。

  8. [JFT141] JMAG-DesignerにおけるJMAG-RTモデルデータファイルの作成機能

    本資料では、JMAGで得られた効率マップ/損失マップをJMAG-RTモデルデータファイルとして出力し、得られたプロットをJMAG RT-Viewerで確認する方法を学習します。

  9. [JFT144] 任意点での鎖交磁束計算

    本資料では、空気領域における任意点を設定し、その点での鎖交磁束を計算する手順を学習します。

  10. [JFT137] 方程式の条件分岐を用いた電流の制限

    本資料では、形状および電気抵抗が変化した時にコイルに流す電流値を制限する方法について学習します。

  11. [JFT124] 最適化計算時に形状破綻を低減する寸法範囲の探索

    本資料では、最適化計算時に形状破綻を低減する寸法範囲の探索に有用な機能の使用方法を学習します。

  12. [RTML-050] PMSM/IPM 3相 デルタ

    型式:任意モデル 出力:150(kW) ステータ外径:112(mm) 積厚:65(mm) 電源:DC24(V)/4(A) ロータ:IPM

  13. [RTML-049] PMSM/IPM 連続定格 75(kW) 3相 レゾルバ

    型式:PMSM 出力:75(kW) ステータ外径:212(mm) 積厚:200(mm) 電源:DC600(V)/250(A) ロータ:IPM

  14. [RTML-048] WFSM_02

    型式:WFSM 出力:2(kW) ステータ外径:260(mm) 積厚:60(mm) 電源:DC200(V)/20(A)、DC100(V)/10(A) ロータ:WF 相数:6

  15. 210 – インアウト型マグネットカップリングの脱調トルク解析

    ここでは、ホールディングトルクを求める解析と脱調時の過渡的な応答を確認する解析を行います。

  16. 265 – シンクロナスリラクタンスモータの効率マップ作成

    ここでは、シンクロナスリラクタンスモータの効率マップを作成し、各動作点の損失割合を評価しています。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧