DP

2次元及び軸対称過渡応答磁界解析

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 20 – SPMモータの音圧解析

    ここでは、SPMモータを対象にステータコアに発生する電磁力を求め、モータの固有モードと連成させることにより音圧を評価する事例を示します。

  2. [JFT070] JMAG-Designerを用いたPMモータの効率マップ作成(精度優先モード)

    本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(精度優先)を用いて、効率マップを作成する方法について学習します。

  3. [JFT078] 定常状態到達後に自動で解析を停止する方法

    本資料では、定常状態到達後に自動で解析を停止する方法を学習します。

  4. [JFT081] JMAG-Designerを用いた誘導機の効率マップ作成(速度優先モード)

    本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先モード)を用いて、誘導機の効率マップを作成する方法について学習します。

  5. [JFT068] 3相同期モータのdq軸電流指定

    本資料では、dq軸電流を指定してモータを駆動する方法について学習します。

  6. [JFT056] ティース加振力、トルクリップルの出力(2次元) スクリプトの使用方法

    本資料では「ティース加振カ、トルクリップルの出力」スクリプトの使い方を学習するため、サンプルデータと操作手順を示します。

  7. [JFT080] MATLAB/SimulinkとJMAGの直接連携

    本資料では、MATLAB/SimulinkとJMAGの直接連携手順を学習します。

  8. 215 – 制御シミュレータとJMAG-RTを用いたデルタ結線を有するIPMモータのシミュレーション

    ここでは、JMAG-RTモデルとして制御/回路シミュレータへ取り込んで、IPMモータ駆動時の循環電流をモニタリングしています。

  9. [JFT011] 制御シミュレーション時のティース電磁力のモニタリング

    本資料では、JMAG-RTモデル作成時に電磁力や磁束密度など、任意のモデル内部情報を出力するための事前準備、MATLAB/Simulinkの設定、得られる電磁力について説明します。

  10. 244 – センサ位置における磁界強度解析

    ここでは、検出対象をモータ、検出素子をTMRセンサーとして、電磁界解析によって算出された磁界をもとに検出信号の波形を求めた事例を紹介します。

  11. 240 – PAM駆動を使用したIPMモータのN-T特性解析

    ここでは、PAM駆動時のIPMの性能を確認した事例を示します。

  12. [JFT077] 任意の回路トポロジを持つJMAG-RTモデル作成

    本資料では、任意の回路トポロジを持つプラントモデル(JMAG-RTモデル)の作成方法を学習します。

  13. [JFT076] 複数のスタディを用いた形状最適化実行方法

    本資料では、複数のスタディを用いた形状最適化の実行方法を学習します。

  14. 223 – 高回転時の応力を考慮したIPMモータの多目的最適化

    ここでは、トルク特性(5,000(r/min))と高回転時(10,000(r/min))の遠心力による応力を目的関数とし、多目的遺伝的アルゴリズムによるロータ形状の設計を行った事例をご紹介します。

  15. 245 – インジェクタ制御と渦電流の影響

    ここでは、渦電流を考慮する場合と考慮しない場合のインジェクタの応答性の違いを評価した事例を示します。

  16. [JFT069] JMAG-DesignerとJMAG-RTで行う電流制御を考慮したモータの高調波損失計算

    本資料では、電流制御(PWM制御)されたPMモータの高調波損失をJMAG-RTモデルを用いることで高速に計算する方法を学習します。

絞込み検索

  • カテゴリー一覧