[JFT049] FEMコイル条件のグループ化

データをダウンロードするには、ライセンスIDもしくはユーザーIDが必要です。

手順・サンプルデータ

はじめに

JMAGでは、回路上のFEMコイル素子1つにつきFEMコイル条件が1つ必要です。重ね巻きや波巻きのようにFEMコイル素子が多数ある場合、ひとつひとつ素子と条件の関連付けを行うのは手間がかかります(図a)。FEMコイル条件をグループ化することで、簡単に回路素子と条件の関連付けができます。
本資料では、FEMコイル条件をグループ化し、マクロ素子の波巻きとの関連付けを行う方法を学習します。なお、プロジェクトファイルAにはあらかじめブラシ・整流子素子が設定されています。ブラシ・整流子素子の設定については機能チュートリアル「ブラシ・整流子素子」を参照してください。

図a FEMコイル素子とFEMコイル条件

キーワード

ブラシモータ、ユニバーサルモータ、マクロ素子、重ね巻き、波巻き、グループ、FEMコイル

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧