[JFT074] 補正法とアダプティブメッシュによる高精度電磁力計算

手順・サンプルデータ

概要

磁界解析で電磁力を計算する場合、空間中の磁場分布を精度よく求めることが電磁力の計算精度に直結します。磁路が空気中に解放されている解析モデルでは、広い領域で十分に細かく分割されたメッシュが必要になります。また、メッシュノイズによる影響が出やすく、電磁力の精度が得にくいという特徴があります。
JMAGではアダプティブメッシュ機能を使用することで、部品間の相互作用や空間中の磁場分布を精度よく得ることが可能です。また、補正法を用いてメッシュノイズを緩和することで、より効率的に精度よく電磁力を計算することが出来ます。
本資料では、コイルと磁石間にはたらく電磁力を精度よく計算する方法を学習します。

絞込み検索

  • カテゴリー一覧