[JFT083] 多目的ファイル出力ツールのコマンドライン実行による自動化

サインイン するとデータがダウンロードできます
Remember me
サインイン

※ライセンス管理者に案内をしているライセンスIDとパスワード、もしくはユーザーIDをご用意ください。
※尚、JMAG WEB MEMBER(無料会員)向けのサービスとは異なります。ご注意ください。
JMAG WEBサイトの認証IDに関して

はじめに

マルチフィジックスを行うためには、入力先のソフトウェアのデータ形式に合わせてデータを出力する必要があります。JMAGから他分野のソフトウェアへ物理量を渡す方法、他分野のソフトウェアからJMAGへ物理量を渡す方法として多目的ファイル出力ツールがあります(図a)。ツールの実行を自動化することで、パラメトリック解析など多ケース計算時に効率的にマッピングを行えます。
本資料は、多目的ファイル出力ツールを自動化する方法を学習します。

図a 多目的ファイル出力ツールを使用した物理量の受け渡し

キーワード

多目的出力ファイルツール、マルチフィジックス、Nastranファイル、Universalファイル、CSVファイル、コマンドライン、自動化、バッチファイル、多ケース、パラメトリック、jquery

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧