[JFT106] ベクトルポテンシャル境界条件を使用した多段階解析

サインイン するとデータがダウンロードできます
Remember me
サインイン

※ライセンス管理者に案内をしているライセンスIDとパスワード、もしくはユーザーIDをご用意ください。
※尚、JMAG WEB MEMBER(無料会員)向けのサービスとは異なります。ご注意ください。
JMAG WEBサイトの認証IDに関して

はじめに

撚り線の交流損失など体格に比べて局所的な分布を解析する際に、解析を多段階に分けることで各段階での解析規模を抑えることができます。段階を分けた解析では、一段階目に詳細形状を簡略化した全体の解析、次の段階で詳細を見たい部分を切り出してその部分だけの解析を行います(ズーミング解析)。
本資料では、ベクトルポテンシャル境界条件を用いた多段階の解析を実行する方法を学習します。

図a リアクトルの撚り線の損失密度分布

キーワード

撚り線、リッツ線、磁気ヘッド、ズーミング、ベクトルポテンシャル境界、拘束メッシュ

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧