[JFT128] 効率マップを用いたモード走行時の評価

データをダウンロードするには、ライセンスIDもしくはユーザーIDが必要です。

手順・サンプルデータ

はじめに

電気自動車駆動用モータの設計では、モータ単体の性能だけでなく、自動車を走行させたときの電費(電気自動車の燃費)や航続距離を評価します。
JMAGはモータの効率マップを生成することができ、生成したマップを用いてそのままモード走行時の評価を行うことが可能です。
本資料では、得られた効率マップを使用して、モード走行時の効率履歴、動作点、クラスターポイントおよび総エネルギーなどを確認する方法を学習します。

キーワード

走行モード、電費、効率マップ、EV、動作点、クラスターポイント

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧