[JFT129] 効率マップ(速度優先モード)の応答値登録

サインイン するとデータがダウンロードできます

サインイン

※ライセンス管理者に案内をしているライセンスIDとパスワード、もしくはユーザーIDをご用意ください。
※尚、JMAG WEB MEMBER(無料会員)向けのサービスとは異なります。ご注意ください。
JMAG WEBサイトの認証IDに関して

はじめに

JMAGでは、システム設計段階では効率マップスタディ(次数低減モデルモード、速度優先モード)、コンポーネント設計段階では効率マップスタディ(精度優先モード)を用いて、各フェーズで要求される精度に応じた効率マップを作成します。その際、モード間でオペレーティングポイントの情報をシームレスに受け渡すことが可能です。
本資料では、速度優先モードで得られたオペレーティングポイントの情報を精度優先モードで使用する方法について学習します。

キーワード

効率マップ、次数低減モデルモード、速度優先モード、最大トルク、最大トルク出力、最大速度、応答値。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧