IPMモータ

並べ替え条件
新しい順
古い順
Views
  1. 165 – IPMモータの効率マップ作成

    ここでは、 IPMモータの効率マップを作成し、各動作点の損失割合を評価しています。

  2. 273 – 交流損失を考慮したIPMモータの効率マップ作成

    ここでは、PWMによる交流損失を考慮したIPMモータの効率マップを作成し、交流損失を考慮しない場合の効率マップと比較しています。

  3. [W-OP-119] 設計空間の絞り込みを用いた多目的・多制約最適化問題の大域的設計探査

    PMモータの最適化問題を事例に最適化計算の前処理として設計空間の絞り込みを行うことで計算コストを削減できることを示す。更に絞り込み方法として等価回路モデルを用いたGA、実験計画法、FEA…

  4. [W-MO-114] 効率マップ測定比較

    シミュレーションで求めた効率マップと実測の効率マップの比較を行い、全動作領域で誤差1%以内となった。また、効率マップに対する損失発生要因の寄与度を評価し、今回のモデルではPWMキャリア…

  5. 205 – 熱等価回路を用いたIPMモータの特性解析

    ここでは、熱等価回路を利用した磁界解析を行い、磁石の減磁による平均トルクの変化を確認します。

  6. 225 – 可変磁石を用いたメモリモータの誘起電圧解析

    ここでは、メモリモータの可変磁石の磁化状態を三相コイル電流を用いて変化させ、モータ特性の変化を確認します。また、可変磁石のユーザーサブルーチンを用いたモデル化についても1例を紹介し…

  7. 257 – IPMモータのトポロジー最適化

    ここでは、トポロジー最適化を用いて、ロータコアの最大応力と径方向の最大変位を一定値以下とし、トルクリップルを最小化、平均トルクを最大化するロータ形状を設計した後、得られた形状につ…

  8. 264 – 6相IPMモータの効率マップ作成

    ここでは、 6相IPMモータの効率マップを作成し、各動作点の損失割合を評価しています。

  9. 259 – 最大トルクが得られる電流位相の自動探索とトルク特性評価

    ここでは、3つのロータ形状それぞれに対してトルクが最大となる電流位相を探索します。得られた電流位相を用いてモータの平均トルクおよびトルクリップルを評価します。

  10. 262 – Dy拡散磁石の不完全着磁を考慮したIPMモータの熱減磁解析

    ここでは、Dy拡散磁石を用いたモータにおいて、保磁力分布を持つDy拡散磁石の不完全着磁時の熱減磁耐性を解析します。

  11. 223 – 高回転時の応力を考慮したIPMモータの多目的最適化

    ここでは、形状ごとに高トルクが得られる最適な電流位相を求め、その時のトルク特性(1,000(r/min))と高回転時(10,000(r/min))の遠心力による応力を目的関数とし、多目的遺伝的アルゴリズム…

  12. 263 – 磁石とロータコアの摩擦を考慮したIPMモータの応力解析

    ここでは、IPMモータの磁石とロータコアの接触状態がどのように応力分布に影響するかを評価するため、部品が剛体結合している場合と、摩擦を考慮して磁石が滑る場合のそれぞれのミーゼス応力を…

  13. トヨタの車両電動化への取り組みと電動車開発 ~電動車開発を支えるJMAGへの期待~

    トヨタ自動車株式会社 花田 秀人

  14. モデルベース開発(MBD)によるIPMモータ駆動システム開発事例 -JMAG-RTとHILSの活用-

    株式会社島津製作所 光岡 大輔

  15. Comprehensive System to Component xEV Simulation Using Gamma Technologies and JMAG

    Joe Wimmer, Gamma Technologies, LLC

  16. モータ・ジェネレータ機能付ハブベアリング(eHUB)搭載車両の 燃費シミュレーションの取り組み

    NTN株式会社 川村 光生

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧