IPMモータ

並べ替え条件
新しい順
古い順
Views
  1. [W-MB-153] 空間高調波を考慮したモータプラントモデルの精度・速度検証

    モータプラントモデルの精度向上のためには空間高調波の考慮が必要である。その精度はプラントモデル生成時の分解能および実行時の時間分解能に強く依存する。本書ではプラントモデルの一種で…

  2. [W-MB-156] 高調波鉄損の考慮によるモータプラントモデルの精度向上

    モータの高速化やPWM駆動の影響により、モータプラントモデルを用いた解析においても、その精度向上のため損失考慮の重要性が増している。特にプラントモデルに求める精度が高い場合には高調波…

  3. [W-MB-151] 制御適合に必要なモータプラントモデルの精度

    制御適合は実機を用いて動作点ごとに行われるため時間のかかる作業である。プラントモデルを用いることで制御適合の効率化を実現することを考える。しかし、制御適合は実機の特性に合わせて行…

  4. [W-MB-157] レゾルバ偏心時のPMモータトルクリップル制御への影響評価

    駆動用のモータドライブシステムを想定し、モータおよびレゾルバをJMAG-RTでモデル化することで、モータトルクリップル制御の検証を行う。レゾルバの偏心度合いや取付位置が近くなることによる…

  5. [W-MB-155] 断線時異常検知のための6相モータプラントモデルの精度

    モータの多相化が進み、システムの冗長性をもたせることでフェールセーフ機能を実現できるようになってきた。3相を2重化した6相モータもその例であるが、6相モータは2つの3相巻線の磁気回路が…

  6. [W-MB-152] ECU機能検証に必要なモータプラントモデルの精度

    ECU機能検証は正常系から異常系まで様々な条件下で行われる。またモータの駆動状態としてもトルク、回転数ともに幅広い領域で検証が行われる。通常、ECU機能検証では空間高調波を考慮しないDQ…

  7. [W-MO-114] 効率マップ測定比較

    シミュレーションで求めた効率マップと実測の効率マップの比較、損失発生要因の寄与度を評価し、要求精度に必要なモデリングについて解説する。今回のモータではPWMキャリアによる高調波鉄損、…

  8. 264 – 6相IPMモータの効率マップ作成

    ここでは、 6相IPMモータの効率マップを作成し、各動作点の損失割合を評価しています。

  9. 276 – 6相IPMモータの高調波鉄損解析

    ここでは、6相IPMモータの鉄損に対するキャリア高調波の影響を確認した事例をご説明します。

  10. 262 – Dy拡散磁石の不完全着磁を考慮したIPMモータの熱減磁解析

    ここでは、Dy拡散磁石を用いたモータにおいて、保磁力分布を持つDy拡散磁石の不完全着磁時の熱減磁耐性を解析します。

  11. 211 – IPMモータの素線のジュール損失解析

    ここでは、モータ回転時の渦電流を含めたコイルのジュール損失の評価事例を紹介します。

  12. 275 – 加工歪の影響を考慮したIPMモータの鉄損解析

    ここでは、打抜き加工による加工歪を考慮したIPMモータの解析を行い、トルクや磁束密度、鉄損への影響を評価します。

  13. 18 – IPMモータの熱解析

    ここでは、モータ全体の損失分布を求めるために損失解析と温度分布を評価する熱解析モデルを作成し昇温過程を解析することで、モータの温度分布を評価します。

  14. [W-OP-96] 駆動用モータの多目的最適化実現のための GA の必要性

    本稿では設計変数が12個(形状変数8個、回路変数4個)、目的関数は回転数1,200rpm、9,000rpmそれぞれにおいてトルク最大化、リップル最小化、電圧最小化の合計6つと、応力が20Mpa以下という制…

  15. [RTML-047] PMSM/IPM 連続定格 75(kW) 3相

    型式:PMSM 出力:75kW ステータ外径:212(mm) 積厚:200(mm) 電源:DC600(V)/250(A) ロータ:IPM

  16. [RTML-035] PMSM/IPM 連続定格 100(kW) 3相

    型式:PMSM 出力:100k ステータ外径:400(mm) 積厚:81(mm) 電源:DC500(V)/200(A) ロータ:IPM(-字) 平均トルク(N·m): 179

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧