99 – 大電流リアクトルの直流重畳特性解析

データをダウンロードするには、ライセンスIDもしくはユーザーIDが必要です。

アプリケーションノート・モデルデータ

概要

高周波大電流リアクトルは、直流電流に高周波リップルが重畳した電流が流れます。リアクトル性能として、幅広い直流電流領域で安定したインダクタンスをもつことが求められます。また、コアの磁気飽和を防止するために設けられるギャップは、インダクタンスに与える影響が大きく、設計時の重要なパラメータです。
磁化特性の非線形性とギャップのインダクタンスの影響を同時に考慮しながら、幅広い電流域でインダクタンスを正確に見積もり、設計に反映するには有限要素解析が有効です。
ここでは、ギャップ長を変更した場合の、大電流リアクトルの直流重畳特性を求めています。

直流重畳特性

高周波大電流リアクトルは、直流電流に高周波リップルが重畳した電流が流れます。リアクトル性能として、幅広い直流電流領域で安定したインダクタンスをもつことが求められます。また、コアの磁気飽和を防止するために設けられるギャップは、インダクタンスに与える影響が大きく、設計時の重要なパラメータです。
磁化特性の非線形性とギャップのインダクタンスの影響を同時に考慮しながら、幅広い電流域でインダクタンスを正確に見積もり、設計に反映するには有限要素解析が有効です。
ここでは、ギャップ長を変更した場合の、大電流リアクトルの直流重畳特性を求めています。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧