JMAGによるバルク高温超電導体の磁気特性解析

PDFダウンロードサービスはご利用いただけません

職業能力開発総合大学校 福岡 克弘

概要

静磁界から交流磁界まで強力な磁気シールド特性を持つバルク高温超電導体は、さまざまな産業分野への応用が検討されている。しかし製作上、高温超電導体は必ずしも均一な材料ではなく、材料内での弱結合(ウィークリンク)部を含んでいる場合もある。このため、高温超電導体の磁気特性に対する試料全体のマクロ的な評価手法の開発が必要となっている。本研究では、実験により測定した磁束密度分布より超電導体の各点における臨界電流密度を概算し、JMAGを用いたBean モデルに基づく三次元有限要素法解析を行うことにより、高温超電導体の磁気遮蔽特性の評価を検討した。実験結果との比較からマクロ的な磁気遮蔽特性の解析手法としての妥当性を確認した。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ