モータ制御開発の為のモデルベース開発とHILSについて

dSPACE Japan株式会社 技術部
宮野 隆

概要

モデルベース開発(MBD)は電子制御ユニット(ECU)のソフトウェア開発の効率化、ソフトウェアの高品質化の手法として自動車業界を中心に浸透してきている。
このMBD では制御器と制御対象をモデルで記述し、各プロセスでモデルを共有できるため開発の効率を上げる事が可能でき色々な分野で適用され始めている。本講演では、このMBD手法をモータ制御システム開発に適用する為に必要な機能と適用した場合のメリットについて特にHILS実現の為の機能を中心に説明する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ