MBD

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. [JFT070] JMAG-Designerを用いたPMモータの効率マップ作成(精度優先モード)

    本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(精度優先)を用いて、効率マップを作成する方法について学習します。

  2. [L-MU-91] JMAG/Romax Nexus連携によるEVドライブラインのNVH解析

    NVHはEV/HEVのドライブライン開発における最も重要な課題の一つです。ドライブラインのNVH解析で考慮すべきいくつかの点があります。ドライブラインのNVHを適切に評価するにはモータだけでなく…

  3. 208 – 変形を考慮した高周波焼入れの解析 (Abaqus連携)

    ここでは、高温に達した際の変形量、および、加熱中の変形により加熱範囲がどのように変化しうるかをJMAGによる発熱量解析とAbaqusによる伝熱・変形解析の連携により評価します。

  4. [JFT081] JMAG-Designerを用いた誘導機の効率マップ作成(速度優先モード)

    本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先モード)を用いて、誘導機の効率マップを作成する方法について学習します。

  5. [JFT056] ティース加振力、トルクリップルの出力(2次元) スクリプトの使用方法

    本資料では「ティース加振カ、トルクリップルの出力」スクリプトの使い方を学習するため、サンプルデータと操作手順を示します。

  6. [JFT080] MATLAB/SimulinkとJMAGの直接連携

    本資料では、MATLAB/SimulinkとJMAGの直接連携手順を学習します。

  7. 215 – 制御シミュレータとJMAG-RTを用いたデルタ結線を有するIPMモータのシミュレーション

    ここでは、JMAG-RTモデルとして制御/回路シミュレータへ取り込んで、IPMモータ駆動時の循環電流をモニタリングしています。

  8. [JFT011] 制御シミュレーション時のティース電磁力のモニタリング

    本資料では、JMAG-RTモデル作成時に電磁力や磁束密度など、任意のモデル内部情報を出力するための事前準備、MATLAB/Simulinkの設定、得られる電磁力について説明します。

  9. [L-MU-110] JMAG-RTモデルを用いた制御連成解析の早期定常化

    PWMキャリアによる高調波鉄損や磁石の渦電流を考慮したトルクを評価する場合、FEAと制御回路の連携解析が必要です。定常状態の損失やトルクを評価するうえで過渡状態の結果は不要ですが、制御…

  10. [W-MO-85] 高調波損失を考慮した効率マップ評価

    永久磁石同期モータや誘導電動機はインバータで駆動され、スイッチングによる電流高調波の影響によりモータの鉄損が増加する。また、コイル素線に角線を用いるとモータの高回転側では素線内で…

  11. [W-MB-66] JMAG-RT誘導機モデルの高精度化

    本報告では自動車駆動用モータへの適用を想定した誘導機プラントモデルの高精度化について報告する。

  12. [W-SE-113] プラントモデルを活用した過渡応答計算時間の短縮

    PWMキャリアによる高調波鉄損や磁石の渦電流を評価する場合、FEAと制御回路の連携解析が必要である。制御回路とFEAの連携解析は過渡状態が発生し、定常状態に到達するまで計算時間がかかる場合…

  13. [L-MO-115] 誘導機のモデルベース効率マップ開発

    EVなどのシステム設計段階では駆動用モータの要求仕様を決めるためにPMモータに限らず様々なモータタイプを検討する必要があります。JMAGでは、PMモータや誘導機などの効率マップを高速に評価…

  14. [L-MO-106] モデルベース効率マップ開発の試作・性能評価(精度優先モード) 

    EV ⾞両向け駆動⽤モータの最⾼効率は95%を上回る。更なる効率改善のためには1%オーダーでの評価が必要になるため、モデルベース解開発における実機との効率誤差も1%の精度が必要です。

  15. [L-MO-108] 制御ゲインがモータに与える影響の評価

    モータ開発におけるコンポーネント設計フェーズでは、モータ要件に従い具体的なモータ形状、構成を決めるとともに、モータをドライブするための制御パラメータの適合を行います。

  16. [L-MO-105] モデルベース効率マップ開発のシステム設計 (速度優先モード)

    EV向け駆動用モータの効率マップには広範な動作域かつ最高効率95%以上の特性が求められます。本効率マップ要件に応えるためには、開発の上流工程であるシステム設計フェーズにおいて、モータ種…

絞込み検索

  • カテゴリー一覧