MBD

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. [JFT069] JMAG-DesignerとJMAG-RTで行う電流制御を考慮したモータの高調波損失計算

    本資料では、電流制御(PWM制御)されたPMモータの高調波損失をJMAG-RTモデルを用いることで高速に計算する方法を学習します。

  2. [JFT012] 巻線界磁型同期モータのJMAG-RTモデル作成

    本資料では、巻線界磁型同期モータのJMAG-RTモデルの作成方法、MATLAB/SimulinkでのJMAG-RTモデルを使用した制御シミュレーションの実行方法について学習します。

  3. [JFT022] 多目的ファイル出力ツールによる物理量のファイル出力

    本資料は、多目的ファイル出力ツールを使用し、JMAGから物理量を出力する方法を学習します。

  4. [JFT015] JMAGとSTAR-CCM+による熱流体を考慮した双方向連携解析の手順 (Ver17.0以降)

    本資料では、JMAGとSTAR-CCM+による熱流体を考慮した双方向連携解析の設定手順を学習します。

  5. [JFT071] ユーザー定義計算素子の作成

    本資料では、ユーザー定義計算素子の作成方法を学習します。

  6. [JFT067] 多目的ファイル出力ツールで出力した電磁力のプレビュー表示

    本資料は、多目的ファイル出力ツールを使用し、出力した電磁力分布をプレビューする方法を学習します。

  7. [JFT114] スクリプトを使用した効率マップの補正

    本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先)を用いて、作成された効率マップの応答値をPythonスクリプトで補正する方法について学習します。

  8. [JFT157] 多目的ファイル出力ツールによる複数ケースの物理量を一括ファイル出力する方法

    本資料は、多目的ファイル出力ツールを使用し、複数ケースの物理量を一括で出力する方法を学習します。

  9. [JFT162] JMAG-Designerを用いた誘導機の効率マップ作成(精度優先モード)

    本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先モード)から、効率マップスタディ(精度優先モード)を作成する方法について学習します。

  10. [JAC215] 制御シミュレータとJMAG-RTを用いたデルタ結線を有するIPMモータのシミュレーション

    ここでは、JMAG-RTモデルとして制御/回路シミュレータへ取り込んで、IPMモータ駆動時の循環電流をモニタリングしています。

  11. [RTML-019] PMSM/IPM 連続定格 10(kW) 3相

    型式:PMSM 出力:10k ステータ外径:185(mm) 積厚:37(mm) 電源:DC240(V)/60(A) ロータ:IPM(V字) 平均トルク(N·m):23

  12. [JFT056] NVH用の電磁力出力スクリプトの使用方法

    本資料では「NVH用の電磁力出力」スクリプトの使い方を学習するため、サンプルデータと操作手順を示します。

  13. [JFT070] JMAG-Designerを用いたPMモータの効率マップ作成(精度優先モード)

    本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先モード)から、効率マップスタディ(精度優先モード)を作成する方法について学習します。

  14. JMAG-RTとモータHILSを用いたデュアルインバータのモデルベース開発

    株式会社ミライズテクノロジーズ 山田 隆弘

  15. JMAG-RTモデルを実装したHILSによるモータドライブ検証

    三菱電機株式会社 井上 雅理

  16. Combining Computational Fluid Dynamics and Electromagnetic Finite Element Simulations for Transient and Steady State Motor Cooling Simulations

    Tristan Burton, Convergent Science, Inc.

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して