Inductor loss-simulation using JMAG-Designer and comparison with measurement results

Kayoko Seto
TOYOTA MOTOR CORPORATION

概要

Reducing an inductor loss is important for automotive power electronics systems. Many efforts on inductor structure designs depend on experiences and prototypings. This process takes time and cost, and an accurate simulation can make the process more efficient. In this
paper, a design method of planer type inductors for high current and high frequency applications is introduced. Wire-loss is a time-consuming simulation and difficult to understand phenomena of loss such as eddy current loss, skineffect, etc. Individual loss measurements and core loss and wire loss fittings considering these phenomena meke an accurate inductor design available.

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ