材料モデリング / 損失解析

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 走行中ワイヤレス給電に対応したインホイールモータの開発

    東京大学 藤本 博志

  2. JMAGを用いた鉄道車両用非接触給電システムの開発

    公益財団法人鉄道総合技術研究所 浮田 啓悟

  3. Loss Modelling for the Hyperloop Propulsion Motor

    Alex Jedinger, Virgin Hyperloop One

  4. 電力制御用可変インダクタの鉄損評価に関わる検討

    株式会社電力計算センター 関場 陽一

  5. 電磁ポンプの動作解析における材料ヒステリシスの影響

    株式会社イワキ 松本 清人

  6. [L-MA-04] より使いやすくなった鉄損解析機能

    鉄損解析を行う際、解析対象、目的、精度、利用可能なデータの種類などを考慮して最適な手法を選択する必要があります。JMAG Ver.15.1では、インターフェースを改良しました。豊富な経験とノウ…

  7. 200 – ヒステリシスモデルを用いたIPMモータの鉄損解析

    ここでは、直流偏磁状態のマイナーループを考慮したヒステリシスモデルと積層方向の渦電流分布を考慮した積層解析機能を併用してIPMモータにおけるより高いキャリア高調波成分による鉄損を評価…

  8. [JFT069] JMAG-DesignerとJMAG-RTで行う電流制御を考慮したモータの高調波損失計算

    本資料では、電流制御(PWM制御)されたPMモータの高調波損失をJMAG-RTモデルを用いることで高速に計算する方法を学習します。

  9. [JFT104] 磁束密度・周波数依存性の異常渦電流損失係数の適用

    本資料では、異常渦電流損の補正係数に周波数・磁束密度依存性を持たせた異常損係数テーブルを作成し、それを使用した鉄損計算手順について学習します。

  10. [W-MO-114] 効率マップ測定比較

    本稿では、シミュレーションベースの効率マップと実測の効率マップの比較を行い、2つの効率マップの差異および差異を生じている要因を分析した。結果、PWMキャリアによる高調波鉄損と交流銅損…

  11. [L-MU-110] JMAG-RTモデルを用いた制御・回路連成の早期定常化

    モータの性能評価の多くは定常状態で行います。制御・回路連成をおこなった際に過渡現象が生じると、定常状態まで電気角数周期分計算する必要があります。特にPWMキャリアの電流波形を捉える時…

  12. [W-MA-111] 異常渦電流損失計算の高精度化 (2)

    鉄損解析は測定した鉄損データを用いた方法が主に使われていた(以降、従来法と呼ぶ)。従来法は適用範囲が実測条件下に限られるため高調波や直流重畳の影響を評価する際に課題があった。それ…

  13. [JFT089] プレイモデル・積層解析を用いた鉄損計算

    本資料では、表a-1に示す方法Cを用いた鉄損の計算手順について学習します。

  14. [JFT090] プレイモデル・積層解析を用いた鉄損計算 (異常渦電流損失の考慮)

    本資料では、表a-1に示す方法Dを用いた鉄損の計算手順について学習します。

  15. [JFT088] 鉄損特性データを用いた鉄損計算(異常渦電流損失の分離)

    本資料では、表a-1に示す方法Bを用いた鉄損の計算手順について学習します。

  16. [JFT087] 鉄損特性データを用いた鉄損計算

    本資料では、表a-1に示す方法Aを用いた鉄損の計算手順について学習します。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧