大型リング部品の加熱変形を考慮した高周波加熱シミュレーション

高周波熱錬株式会社 研究開発センター CAE 開発課
堀野 孝

概要

建設機械や工作機械などの大型部品を高周波焼入れする際、硬化層深さを確保するために数分程度の長時間加熱が必要となる場合が多い。この場合、加熱中にワーク内部温度が大きく上昇し、加熱コイルとワーク加熱面の相対位置がmm 単位で変化することで、ワーク表面の発熱状況が大きく変化する。
そこで、大型リング部品を対象とした加熱試験および高周波加熱シミュレーションを実施し、ワークの加熱変形を考慮したシミュレーションの必要性について検討を行ったので報告する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ