リアクトルの固有周波数の実測とJMAGシミュレーションの比較検討(要素のモデル化の精緻化)

田淵電機株式会社 トランス技術開発部
上田 幸平

概要

近年、リアクトルはパワーコンディショナーや電気自動車などにおいて高周波領域での使用が増えている。このとき問題になるのが、リアクトルの騒音である。騒音の原因としては、高周波電流による電磁振動とリアクトルの固有周波数の2 つが考えられる。
電気的特性と異なり、これらの振動・騒音を予測することは非常に難しいため、CAE の使用が重要になる。
今回、固有周波数の取得のため固有モード解析を実施し、実測との比較検討を行った事例について紹介する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ