構造

並べ替え条件
新しい順
古い順
Views
  1. 257 – IPMモータのトポロジー最適化

    ここでは、トポロジー最適化を用いて、ロータコアの最大応力と径方向の最大変位を一定値以下とし、トルクリップルを最小化、平均トルクを最大化するロータ形状を設計した後、得られた形状につ…

  2. 223 – 高回転時の応力を考慮したIPMモータの多目的最適化

    ここでは、形状ごとに高トルクが得られる最適な電流位相を求め、その時のトルク特性(1,000(r/min))と高回転時(10,000(r/min))の遠心力による応力を目的関数とし、多目的遺伝的アルゴリズム…

  3. 263 – 磁石とロータコアの摩擦を考慮したIPMモータの応力解析

    ここでは、IPMモータの磁石とロータコアの接触状態がどのように応力分布に影響するかを評価するため、部品が剛体結合している場合と、摩擦を考慮して磁石が滑る場合のそれぞれのミーゼス応力を…

  4. Comprehensive System to Component xEV Simulation Using Gamma Technologies and JMAG

    Joe Wimmer, Gamma Technologies, LLC

  5. Agile Electrical Machine Development for Hybrid Electric Aircraft

    Zoltán Nádudvari, Rolls-Royce Electric Hungary Kft

  6. Electric Noise in Cars from Inverter Current to Noise

    Mehdi Mehrgou, AVL List Gmbh.

  7. Automated Electric-Machine Design Workflow in the Cloud for Aviation Applications

    Daniel Csapo, Rolls-Royce Hungary Kft.

  8. システム解析技術を用いた回転機の振動解析

    ニュートンワークス株式会社 市村 純一

  9. JMAGとRomaxツールを使用した電気自動車トラクションモーターにおけるNVH課題の解決アプローチ

    ローマックス・テクノロジー・ジャパン株式会社 小山 博司

  10. 電磁場解析ソフトウェアJMAGから見たときのSimcenter™ポートフォリオの活用方法

    シーメンスPLMソフトウェア・コンピューテイショナル・ダイナミックス株式会社 佐藤 誠

  11. 254 – 油入大型変圧器の振動解析

    ここでは、大型変圧器の電磁加振力による振動を評価した事例を紹介します。大型変圧器は油冷となるため、部品周囲の流体である油を弾性体として近似して扱うことが本事例の特徴です。なお、加…

  12. 20 – SPMモータの音圧解析

    ここでは、SPMモータを対象にステータコアに発生する電磁力を求め、モータの固有モードと連成させることにより音圧を評価する事例を示します。

  13. [L-MU-91] JMAG/Romax Nexus連携によるEVドライブラインのNVH解析

    NVHはEV/HEVのドライブライン開発における最も重要な課題の一つです。ドライブラインのNVH解析で考慮すべきいくつかの点があります。ドライブラインのNVHを適切に評価するにはモータだけでなく…

  14. 208 – 変形を考慮した高周波焼入れの解析 (Abaqus連携)

    ここでは、高温に達した際の変形量、および、加熱中の変形により加熱範囲がどのように変化しうるかをJMAGによる発熱量解析とAbaqusによる伝熱・変形解析の連携により評価します。

  15. 251 – オルタネータの振動解析

    ここでは、クローポール型オルタネータを対象にステータコアに発生する電磁力を求め、そのオルタネータの構造解析と連成させることにより加速度を評価します。また、電磁力と固有モードの周波…

  16. 218 – 変形を考慮した高周波焼入れの解析

    ここではJMAGの磁界-熱応力の連成解析機能を用いて、誘導加熱硬化による歯車の変形を評価する解析を行っています。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧