電力ケーブル用テープ巻き接続部の電界解析

東京電力ホールディングス株式会社
経営技術戦略研究所 技術開発部 送変電技術グループ
松井 健郎

概要

 電力ケーブル用のテープ巻き接続部にて絶縁破壊が発生し原因究明を行い、絶縁テープの重なりで発生した空隙が、偶然複数重なることで絶縁破壊に至る電界が生じると考え、空隙に生じる電界の値を確認するためにJMAGを用いて電界解析を行い、空隙に発生する電界では絶縁破壊しないことを確認することができました。また、これにより、絶縁破壊の真の原因に着目することができました。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ