JMAGとANSYS Fluentによる開閉機器で発生するアーク放電の遮断プロセスモデリング

オムロン株式会社
エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツカンパニー 事業統括本部 技術統括部
井戸田 修一

概要

開閉機器の電気接点開離時に非常に高温なアーク放電が発生するが、周期的に電流ゼロ点がある交流とは違い直流アークでは、アーク発生領域の電気抵抗を増大させて遮断することが必要である。直流アークを遮断する手法として外部磁場の印加によりアーク放電に電磁力を加え、アーク伸長させることでアーク放電部の抵抗を急上昇させる磁気消弧がよく用いられている。
本講演では、安全かつ確実に直流アークの遮断を行うために、JMAGとANSYS Fluentを用い電磁熱流体モデルをベースとしたアーク遮断解析技術を構築し、実際のアーク遮断実験を再現した事例や計算処理時間の改善結果を紹介する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ